【工事不要】安く契約できて簡単に設置できるおすすめWifiルーター

工事不要で安く契約できて簡単に設置できるおすすめWifiルーター日常生活
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、リモートワークやリモート授業で、急に自宅にWifiが必要になった人に向けて、安い料金で契約できて、工事不要で簡単に設置して使うことができるおすすめWifiルーターを紹介します。

 

リモートワークやリモート授業で使うWifiを探す時に一番大切な条件は、

  • 通信速度が安定していること

です。

 

一般的に通信速度が安定しているのは『光回線』です。

しかし、光回線の場合は工事が必要なので、急に自宅でWifiが必要になった人には向いていません。

工事不要Wifiだと、

  • クラウドWifi
  • SoftBank Air
  • WiMAX

などがあります。

 

工事不要のWifiの中で、通信速度が安定していて、安い料金で契約できるものを選ぶなら、私はWiMAXをおすすめします。

では、工事不要Wifiの比較やWiMAXをおすすめする理由などの解説しますね。

 

スポンサーリンク

工事不要Wifiとは?

光回線の場合は、光ユニットなどの機器を受け取っても、即、Wifiを使うことはできず、光回線の工事が必要です。

これに対し、工事不要Wifiは、Wifiルーターを受け取り次第、工事することなく、即、Wifiが使えます。

工事不要Wifiの代表的なものとして、

  • クラウドWifi
  • SoftBank Air
  • WiMAX

があります。

 

各工事不要Wifiルーターの特徴

工事不要Wifiルーターの共通特徴は、Wifiルーターの電源を入れるだけでインターネットに繋がる点です。

 

クラウドWifiの特徴

クラウドWifi

クラウドWifiとは、一般的には、クラウドSIMサーバーを使ったWifiサービスで、代表的なプロバイダーとして、

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFi
  • THE WiFi
  • ZEUS WiFi

などがあります。

 

プロバイダーから提供されたWifiルーターにはSIMが入っておらず、クラウドSIMサーバー経由でインターネットに接続しますが、ユーザー側としては、それらを意識することなく、インターネットを利用することができます。

Wifiルーターの大きさはスマホと同程度(上図参照)なので、自宅だけでの利用だけでなく、モバイルWifiルーターとしても利用できます。

また、大部分のプロバイダーが「通信容量無制限」をうたっているのも特徴です。

 

SoftBank Air

SoftBank Airは、ソフトバンクが運営する4G回線を使ったwifiサービスで、下り最大481Mbpsで、「通信容量無制限」です。

 

SoftBank AirのWifiルーターは、ホームルーターのみでモバイルルーターはありません。

Yahoo! JAPAN、ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップ、家電量販店などの販売代理店で申し込むことができ、それぞの代理店固有のキャッシュバックキャンペーンなどを実施しています。

販売代理店はプロバイダーでは無く、プロバイダーはソフトバンクになります。

 

WiMAX

WiMAXは、UQコミュニケーションズが運営するWiMAX2+(IEEE 802.16e準拠)という下り最大440Mbpsの通信規格のWifiサービスです。

「ギガ放題」の場合、「通信容量無制限」ですが、「3日で10GB以内」という制限はあります。

 

WiMAX2+のWifiルーターには、

  • BIGLOBE WiMAX2+
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX

その他数多くあります。

 

プロバイダー毎に、月々の料金や解除料が異なります。

 

クラウドWifiをおすすめしない理由

クラウドWifiのプロバイダーと3大キャリア(SoftBank, au, docomo)の間に、クラウドSIMサーバー運営会社があります。

ユーザーの通信量が増加して、通信速度が低下した場合、プロバイダーはクラウドSIMサーバー運営会社に回線の追加契約を申請します。

回線の追加申請に対し、クラウドSIMサーバー運営会社がタイムリーに回線を追加することができれば問題ありません。

しかし、クラウドSIMサーバー運営会社が保有している回線数(SIM契約数)に余裕がない場合は、キャリアに回線の追加契約を申請する必要があります。

この場合、キャリアから追加回線が提供されるまでの間、ユーザーは低速で利用することになります。

 

実際に、2020年3月にどんなときもWiFiで通信障害が起こり、4月3日から新規受付を停止しています。

クラウドSIMサーバー運営会社とプロバイダーが同じ会社なのであれば安心です。

しかし、通信障害が発生した場合、その原因が、クラウドSIMサーバー運営会社とプロバイダーのどちらにあるのかが判りづらく、解決に時間がかかる印象を受けてしまいました。

よって、私は、クラウドWifiをおすすめしません。

 

SoftBank Airをおすすめしない理由

SoftBank Airターミナル

Wifiルーター代金が高い

WiMAXのWifiルーターは、20,000円前後ですが、SoftBank AirのWifiルーターは、59,400円(税込)もします。

3年間契約を継続すれば結果的に、Wifiルーターが実質0円になります。★

SoftBank Airスタート割が終了する13か月目に解約した場合の総額は以下のとおりとなります。

 

端末代5,4000円
事務手数料3,000円
基本料4,880円 × 13か月 = 63,440円
割引(-1,080円 × 12か月) + (-1,500円 × 12か月) = -30,960円
違約金9,500円
13か月総額(税抜)98,980円
13か月総額(税込)108,878円
1か月換算(税込)8,375円

※上表では初月基本料金を満額の4,880円で計算していますが、実際は日割り計算です。

 

上表のとおり、SorftBank Airを13か月目に解約すると1か月換算(税込)が8,375円と非常に高額です。

よって、3年以上契約する予定がない人には、SoftBank Airをおすすめしません。

長期的に自宅でのWifiを利用するのであれば、通信品質がより安定している光回線をおすすめします。

 

スポンサーリンク

WiMAXをおすすめする理由

WiMAXは料金がSoftBank Airよりも安い

例えば、BIGLOBE WiMAX2+を解除料(税抜1,000円)がかからなくなる14か月目に解約した場合の総額は以下のとおりとなります。

 

端末代19,200円
事務手数料3,000円
基本料3,980円 × 13か月 = 51,740円
キャッシュバック15,000円(税込)
14か月総額(税抜)60,304円
14か月総額(税込)66,334円
1か月換算(税込)4,738円

 

SoftBank Airの1か月換算(税込)が8,375円なので、BIGLOBE WiMAX2+の方が月々3,637円お得です。

 

WiMAXはWifiルーターの種類が豊富

SoftBank AirのWifiルーターは、ホームルーター1種類のみですが、WiMAX2+には、最新機種がホームルーターとモバイルルーターにそれぞれ2種類ずつあり、選択肢が豊富です。

 

WiMAXのホームルーターの最新機種一覧

WiMAX ホームルーター一覧

 

製品名WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi HOME L02
製造元NECプラットフォームズ株式会社HUAWEI
質量約218g約436g
外形寸法(mm)約50(W)×118(H)×100(D)mm約93(W)×178(H)×93(D)mm

 

通信速度のスペックは、Speed Wi-Fi HOME L02の方が優れていますが、私は、WiMAX HOME 02をおすすめします。

理由は、軽くて小さいからです。
体積を比較すると、Speed Wi-Fi HOME L02はWiMAX HOME 02よりも、2.6倍も大きいです。

気分転換のために、カフェやシェアオフィスで作業する場合のことを考えると、WiMAX HOME 02の方がだんぜん持ち運びに便利です。

 

WiMAXのモバイルルーターの最新機種一覧

WiMAX モバイルルーター一覧

 

製品名Speed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元NECプラットフォームズ株式会社HUAWEI
質量約127g約125g
外形寸法(mm)約111×62×13.3mm約128(W)×64(H)×11.9(D)mm

 

通信速度のスペック、質量、外形寸法共に同等なので、デザインの好みで選べばいいと思います。

しかし、個人的には、Speed Wi-Fi NEXT W06をおすすめします。

Speed Wi-Fi NEXT WX06には、別売りのクレードルがありますが、Speed Wi-Fi NEXT W06にはありません。

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴の説明文に「電波受信感度が向上」と記載されているので、屋内ではクレードルがなくても電波受信感度がよさそうです。

よって、Speed Wi-Fi NEXT W06をおすすめします。

 

WiMAXはWifiルーターを再利用可能

解約後のWiMAXのWifiルーターを使って、再度、WiMAXを契約することができます。

つまり、WiMAXのSIMのみを契約することができるのです。

よって、WiMAXのWifiルーターは解約後、ごみにならず、再利用可能です。

 

WiMAXを再契約する予定がない場合は、オークションサイトやフリマサイトで販売することで、現金に換えることもできます。

 

SoftBank AirのWifiルーターの場合、以前は、再利用不可でしたが、2020年の夏から再契約時に再利用可能になりました。

しかし、他人から譲り受けたSoftBank AirのWifiルーターで新規契約できるのかについては不明なので、譲り受ける前にSoftBankに確認した方がいいです。

 

WiMAXのサービスエリア

WiMAX 基地数

2020年7月30日にWiMMAXの屋外基地局が40,000局を達成しました。

近年、基地局の増加ペースは落ちているようですが、基地局が増えることにより、サービスエリアが広がったり、混雑による速度低下が緩和されていると思います。

UQ WiMAXの公式ページの「エリア」で、自分が利用したい地域がサービスエリアかどうかを確認できるので、契約する前に必ず確認してください。

 

UQ WiMAXの公式ページは→こちら

 

WiMAXのおすすめWifiルーター

WiMAX HOME 02

自宅での利用がメインであれば、ホームルーターのWiMAX HOME 02をおすすめします。

WiMAX HOME 02の電源は、家庭用のACコンセントなので、バッテリーを内蔵しておらず、バッテリー劣化を気にする必要がありません。

WiMAX HOME 02の重さは約218gと軽いので、カフェやシェアオフィルで使うために持ち歩いても、重たく感じる程ではありません。

 

WiMAXのWifiルーター設置方法

WiMAXのWifiルーターの適切な設置場所は、Wifiを主に使用する部屋の窓際です。

Wifi電波は水平方向に飛びやすいようなので、床の上1メートル付近に置いた方がいいです。

 

東側、南側、西側など、何か所か窓がある場合は、それぞのの窓付近で通信速度を試してみて一番速い窓際がベストです。

基地局からの4G電波は、屋外の色々な方向から入って来るので、Wifiルーターの周りには極力障害物を置かない方が、受信感度が上がります。

 

WiMAXの契約方法

1年縛りならBIGLOBE WiMAX2+がおすすめ

1年程度利用して解約するつもりなら、BIGLOBE WiMAX2+が一番安いです。

14か月分の総支払額が\66,334(税込)で、1か月分に換算すると\4,738(税込)です。

 

BIGLOBE WiMAX2+の申し込みは→こちら

 

【関連記事】【1年縛り4社比較】WiMAXギガ放題で安いおすすめプロバイダー

 

3年縛りならカシモWiMAXがおすすめ

2~3年間利用して解約するつもりなら、カシモWiMAXがおすすめです。

38か月分の総支払額が\155,240(税込)で、1か月分に換算すると4,085(税込)です。

 

カシモWiMAXの申し込みは→こちら

 

【関連記事】【3年縛り3社比較】WiMAXギガ放題で安いおすすめプロバイダー

 

まとめ

リモートワークやリモート授業で、急に自宅にWifiが必要になった人には、WiMAXをおすすめします。

 

WiMAXは、工事不要でWifiルーターを受け取った日から、電源を入れるだけで使えます。

WiMAXの料金は、SoftBank Airや一般的な光回線よりも安いので経済的です。

 

WiMAXの通信速度は、スマートフォンと同様に、使用している地域や通信時間帯によって変化するので、クーリングオフ期間中にガンガン使って実使用上問題ないことを確認することが必須です。

1年程度で解約するつもりなら、BIGLOBE WiMAX2+がお得で、2~3年使うつもりなら、カシモWiMAXがお得です。

リモートワークやリモート授業のために、WiMAXの申し込み者が増えているようで、Wifiルーターの発送に時間がかかっているようなので、↓下のリンクから早めに申し込みましょう。

 

BIGLOBE WiMAX2+の申し込みは→こちら

カシモWiMAXの申し込みは→こちら

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました