【工事不要wifi】au携帯やUQ mobile利用者に割引あり

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

工事不要で安く契約できて簡単に設置できるおすすめWifiルーター 日常生活
この記事は約12分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

リモートワークやオンライン授業で、急にWifiが必要になった時にどうしますか?

au携帯やUQ mobile携帯を契約している人には、工事不要のWiMAXがおすすめです。WiMAXを契約することで携帯電話の料金がセット割で安くなります。

 

リモートワークやオンライン授業で使うWifiを選ぶ時に一番大切な条件は、

  • 通信速度が安定していること

です。

 

一般的に通信速度が安定しているのは『光回線』です。

しかし、光回線の場合は工事が必要なので、急に自宅でWifiが必要になった人には向いていません。

工事不要Wifiだと、

  • クラウドWifi
  • SoftBank Air
  • WiMAX

などがあります。

ソフトバンク携帯やワイモバイル携帯を契約している人には、SoftBank Airをおすすめしますが、au携帯やUQ mobile携帯を契約している人には、『WiMAX』をおすすめします。

なぜなら、au携帯やUQ mobile携帯を契約している人がWiMAXを契約すると、携帯料金が330円~1,100円割引になるからです。

では、工事不要Wifiの特徴やWiMAXの料金などについて解説しますね。

尚、この記事内の料金は全て『消費税込み』です。

工事不要Wifiとは?

光回線の場合は、光ユニットなどの機器を受け取っても、即、Wifiを使うことはできず、光回線の工事が必要です。

これに対し、工事不要Wifiは、Wifiルーターを受け取り次第、工事することなく、即、Wifiが使えます。

工事不要Wifiの代表的なものとして、

  • クラウドWifi
  • SoftBank Air
  • WiMAX

があります。

各工事不要Wifiルーターの特徴

工事不要Wifiルーターの共通特徴は、Wifiルーターの電源を入れるだけでインターネットに繋がる点です。

 

クラウドWifiの特徴

クラウドWifi

クラウドWifiとは、一般的には、クラウドSIMサーバーを使ったWifiサービスで、代表的なプロバイダーとして、

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFi
  • THE WiFi
  • ZEUS WiFi

などがあります。

 

プロバイダーから提供されたWifiルーターにはSIMが入っておらず、クラウドSIMサーバー経由でインターネットに接続しますが、ユーザー側としては、それらを意識することなく、インターネットを利用することができます。

Wifiルーターの大きさはスマホと同程度(上図参照)なので、自宅だけでの利用だけでなく、モバイルWifiルーターとしても利用できます。

また、大部分のプロバイダーが「通信容量無制限」をうたっているのも特徴です。

 

SoftBank Air

SoftBank Airは、ソフトバンクが運営する4G回線を使ったwifiサービスで、下り最大481Mbpsで、「通信容量無制限」です。

 

SoftBank AirのWifiルーターは、ホームルーターのみでモバイルルーターはありません。

Yahoo! JAPAN、ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップ、家電量販店などの販売代理店で申し込むことができ、それぞの代理店固有のキャッシュバックキャンペーンなどを実施しています。

販売代理店はプロバイダーでは無く、プロバイダーはソフトバンクになります。

 

WiMAX

WiMAXは、UQコミュニケーションズが運営するWiMAX2+(IEEE 802.16e準拠)という下り最大440Mbpsの通信規格のWifiサービスです。

「ギガ放題」の場合、「通信容量無制限」ですが、「3日で15GB以内」という制限はあります。

 

WiMAX2+のWifiルーターには、

  • BIGLOBE WiMAX2+
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX

その他数多くあります。

 

プロバイダー毎に、月々の料金や解除料が異なります。

クラウドWifiをおすすめしない理由

クラウドWifiのプロバイダーと3大キャリア(SoftBank, au, docomo)の間に、クラウドSIMサーバー運営会社があります。

ユーザーの通信量が増加して、通信速度が低下した場合、プロバイダーはクラウドSIMサーバー運営会社に回線の追加契約を申請します。

回線の追加申請に対し、クラウドSIMサーバー運営会社がタイムリーに回線を追加することができれば問題ありません。

しかし、クラウドSIMサーバー運営会社が保有している回線数(SIM契約数)に余裕がない場合は、キャリアに回線の追加契約を申請する必要があります。

この場合、キャリアから追加回線が提供されるまでの間、ユーザーは低速で利用することになります。

 

実際に、2020年3月にどんなときもWiFiで通信障害が起こり、4月3日から新規受付を停止しています。

クラウドSIMサーバー運営会社とプロバイダーが同じ会社なのであれば安心です。

しかし、通信障害が発生した場合、その原因が、クラウドSIMサーバー運営会社とプロバイダーのどちらにあるのかが判りづらく、解決に時間がかかる印象を受けてしまいました。

よって、私は、クラウドWifiをおすすめしません。

 

au携帯やUQ mobile携帯利用者にSoftBank Airをおすすめしない理由

SoftBank Airターミナル

au携帯やUQ mobile携帯の料金が割引にならない

ソフトバンク携帯やワイモバイル携帯を契約している人がSoftBank Airを契約すると、携帯電話の料金が『おうち割』という割引で安くなります。

割引金額は携帯電話のプランによって違うようですが、ワイモバイルの場合は、最新の全てのプランにおいて月額1,100円(税込)割引です。

割引対象になる携帯電話の台数は1台限定ではなく、ソフトバンク携帯やワイモバイル携帯であれば家族回線の分も割引になるのが特徴です。

つまり、au携帯やUQ mobile携帯を持っている人がSoftBank Airを契約しても、携帯電話の料金は一切割引にならないので、SoftBank Airをおすすめしません。

Wifiルーター代金が高い

WiMAXのWifiルーターは、20,000円前後ですが、SoftBank AirのWifiルーターは、59,400円(税込)もします。

3年間契約を継続すれば結果的に、Wifiルーターが実質0円になります。

SoftBank Airスタート割が終了する13か月目に解約した場合の総額は以下のとおりとなります。

 

端末代 5,9400円
事務手数料 3,400円
基本料 5,368円 × 13か月 = 69,784円
割引 (-1,188円 × 12か月) + (-1,650円 × 12か月) = -34,056円
違約金 10,450円
13か月総額 108,878円
1か月換算 8,375円

※上表では初月基本料金を満額の4,880円で計算していますが、実際は日割り計算です。

 

上表のとおり、SorftBank Airを13か月目に解約すると1か月換算(税込)が8,375円と非常に高額です。

よって、3年以上契約する予定がない人には、SoftBank Airをおすすめしません。

長期的に自宅でのWifiを利用するのであれば、通信品質がより安定している光回線をおすすめします。

au携帯やUQ mobile携帯を契約している人にWiMAXをおすすめする理由

au携帯電話料金やUQ mobile携帯電話料金が割引になる

au携帯を契約している人が、biglobe WiMAX2+を契約すると、携帯電話1台に限り月額1,100円(税込)割引になります。

また、UQ mobile携帯を契約している人が、UQ WiMAX、カシモWiMAX、biglobe WiMAX2+を契約すると、UQ mobil携帯のプランに応じて、携帯電話1台に限り月額330円(税込)または月額550円(税込)割引になります。

WiMAXは料金がSoftBank Airよりも安い

例えば、BIGLOBE WiMAX2+を解除料(1,100円)がかからなくなる14か月目に解約した場合の総額は以下のとおりとなります。

 

端末代 21,120円
事務手数料 3,300円
基本料 4,378円 × 13か月 = 56,914円
キャッシュバック 15,000円
14か月総額 66,334円
1か月換算 4,738円

 

SoftBank Airは1か月換算8,375円なので、BIGLOBE WiMAX2+の方が月々3,637円お得です。

 

WiMAXはWifiルーターの種類が豊富

SoftBank AirのWifiルーターは、ホームルーター1種類のみですが、WiMAX2+には、最新機種がホームルーターとモバイルルーターにそれぞれ2種類ずつあり、選択肢が豊富です。

 

WiMAXのホームルーターの最新機