ネットで簡単にできるクロネコヤマトの宅急便の再配達依頼方法

日常生活
この記事は約4分で読めます。

この記事では、ネットで簡単にできるクロネコヤマト(ヤマト運輸)の宅急便の再配達依頼方法を紹介します。

みなさんは、アマゾン・ZOZO・楽天市場などのECサイトで買い物したり、メルカリ・ヤフオク・ラクマなどのフリマサイトで落札したりしますか?

買い物したり、落札した商品は、日本郵政・佐川急便・クロネコヤマトなどから配達されますね。

 

昨日、田んぼから帰ったらポストに不在票が入っていたよ。昼間働いているから夜しか家にいないのに。

オイケ
オイケ
 

ボクはトイレに入っている時に配達に来たので受け取れなかったことがあったよ。

クロネコヤマトが配達に来た時、留守中や家にいても用事があって出られなかったりすると、ポストに不在票(ご不在連絡票)が投函されます。

早く商品を受け取りたいので、再配達依頼するために不在票に書かれている電話番号に電話してみると、

  • コールのみで出てくれなくてイライラ
  • 時間外の案内でイライラ
  • 音声案内に従って入力するのにイライラ

したことがありませんか?

では、そんなイライラを解消し、電話することなく1分程度で再配達依頼する方法について、前準備も含めて説明しますね。

スポンサーリンク

前準備

クロネコメンバーズにログインするためには、クロネコメンバーズへの会員登録が必要です。

会員登録には数分かかりますが、登録費用や年会費はかからず、一度会員登録してしまえば、いろいろなサービスを利用することができます。

クロネコメンバーズへの会員登録方法については、この下の記事にわかりやすく書いていますのでご覧ください。

配達依頼

クロネコメンバーズにログイン

 

クロネコヤマトの公式ページを表示します。

 

 

👆クロネコメンバーズをタップ

💻クロネコIDとパスワードを入力し、👆ログインをタップ

 

再配達依頼

 

 

👆再配達依頼をタップ

再配達を依頼する荷物の💻伝票番号を入力し、👆次へをタップ
 

伝票番号は、不在票(ご不在連絡票)の裏面に書かれている12桁の数字です。ハイフン(-印)無しでO.K.です。

 

 

 
👆ご自宅をタップ

 

受け取り日時を変更する場合は、ご自宅をタップします。
受け取り場所を変更する場合は、「お受け取り場所の変更」欄の該当項目をタップします。荷物によっては、「取扱店【住所検索】(コンビニ・宅配ロッカー【PUDOステーション】等)でお受け取り」を選択できます。

 

👆再配達希望日を選択

 

再配達希望日の候補日一覧内で「本日」がグレー色になっている場合は、本日の再配達受け付けの締め切り時間を過ぎており、本日の再配達不可を意味します。

 

👆再配達希望時間帯を選択

 

上の図では、再配達希望時間帯の候補時間帯が全てグレー色になっています。
これは、再配達希望日を選択する前だからです。
再配達希望日を選択したら、候補時間帯が緑色に切り替わります。
緑色に切り替わらずグレー色のままの時間帯は、受け付け締め切り時間を過ぎており、その時間帯の再配達不可を意味します。

 

 

 

再配達希望日と希望時間帯の選択後、👆次へをタップ

再配達のご希望日時を確認し、間違いがなければ、👆確定をタップ

これにて再配達依頼は完了です。

クロネコメンバーズにログインして再配達依頼完了までは、わずか1分程度です。

不在票に書かれている電話番号に電話してもなかなか繋がらずイライラするよりも、ネットでサクッと再配達依頼した方が効率的ですね。

 

ネットで再配達依頼ができるのは、1つの荷物につき1回のみのようです。
ネットで再配達依頼した後、都合が悪くなり再配達希望日時を変更したい場合は、クロネコヤマトのサービスセンターに電話することで変更できます。
サービスセンターの電話番号は公式ページで確認できます。

まとめ

ネットで簡単にクロネコヤマト(ヤマト運輸)の宅急便を再配達依頼するには以下の2つの手順が必要です。

手順1 クロネコメンバーズへの会員登録(最初の1回のみ)
手順2 クロネコメンバーズにログインして再配達依頼

クロネコメンバーズへの会員登録作業は少し面倒ですが、一度登録してしまえば再配達依頼はとても簡単です。

クロネコメンバーズに会員登録しておくと、「再配達依頼が簡単」ということ以外にもたくさんのメリットがあります。

たとえば、昼間外出中に不在票が投函されると、即、ご不在連絡eメールが送信されるので、そのメールを見て、帰宅後の時間に合わせて外出先から再配達依頼をして、当日中に荷物を受け取ることもできます。

他にもたくさんのメリットがあるので、別の記事で紹介しますね。

 

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました