50代60代で手に職がなく特技もない人への転職情報まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

50代60代で手に職がない人への転職情報 仕事
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、オイケです。

50代・60代で転職先を探しても、手に職がなく特技もないと、年齢のハードルもあり、なかなか採用してもらえず困っていませんか?

正社員での採用は非常に厳しいですが、契約社員や派遣社員であれば、仕事が見つかる可能性が高まります。

実は、私自身、手に職がなく特技もなく、56歳の時に正社員の求人に応募したり、派遣会社に登録して、事務系、製造系に応募しましたが、全て不採用でした。

当時、私のような人間をとりあえず雇ってくれそうな職種は、コールセンターのみでした。

私は人と話すの苦手で、黙っているのが好きです。

だからコールセンターだけは避けていたのですが、コールセンターは事務系、製造系よりも時給が高く、派遣会社の営業担当者の強い勧めもあり、コールセンターで働き始めました。

この記事を書いている時点で、コールセンターで働き始めて1年10か月が経ち、なんとか辞めずに続いていますが、相変わらず、人と話すの苦手で、黙っているのが好きです。

決してコールセンターの仕事を勧めるわけではありませんが、正社員で採用してもらえず、契約社員や派遣社員であっても、希望職種の仕事で採用してもらえない場合は、コールセンターも選択肢の一つに入れてみてください。

では、私の転職活動経験をもとに50代60代で手に職がなく特技がない人への転職手順コールセンターでの仕事の実体験について紹介しますね。

50代60代で手に職がなく特技がない人への転職手順

正社員での採用にこだわるのであれば、一般的ですが、ハローワークで求人検索して、相談員に相談して紹介状を受け取って、企業に応募する手順でいいです。

ハローワークから紹介状を受け取って企業に応募する場合、1件応募して、企業から不採用の返事を受けて、また次の企業に応募するのではなく、複数の企業に同時に応募することをお勧めします。

紹介状の同時発行件数の上限があったと思うので、上限件数分の紹介状を発行してもらいましょう。

但し、履歴書については、好印象を得てもらうために、手書き記入した方がいいので、手書きの時間と労力がかかることを覚悟してくださいね。

私の場合、正社員応募時に、履歴書1枚記入するのに1時間くらいかかっていました。

では、50代後半で手に職がない私が転職した際の手順を解説しますね。

派遣会社に派遣登録

私が56歳で転職活動した時は、基本的に正社員での採用を諦め、派遣社員で働くことにしました。

求人サイトで派遣の仕事を検索して、応募したい仕事が見つかり次第、その仕事を扱っている派遣会社に登録しました。

おすすめ求人検索サイトについては、以下の記事をご覧ください。

 

派遣会社の選び方から派遣登録までの手順については、以下の記事をご覧ください。

 

派遣会社に本登録する際には、履歴書と職務経歴書を提出する必要があります。

私は6社以上の派遣会社に登録して、履歴書と職務経歴書を提出しました。

さすがに、履歴書を手書きする気力はなく、パソコンで印刷しました。

職務経歴書については、当然、印刷です。

派遣会社に提出する履歴書と職務経歴書の書き方については、以下の記事をご覧ください。

派遣会社への登録が済み、応募したい仕事の派遣先企業に派遣会社の営業担当者が連絡を取ってくれると、職場見学会を設定してくれます。

派遣社員の出入りが多い派遣先企業の場合は、毎週、または、隔週で職場見学会の曜日が決まっていることがあります。

そのような職場見学会の場合は、各派遣会社の営業担当者が連れてくる就業希望者と一緒に職場見学することになります。

私の場合は、求人検索サイトで応募したい仕事が見つかって、派遣会社に応募希望の電話をしても、「他の人に決まってしまいました」などの理由でいつも断られてしまいました。

恐らく、年齢理由で応募しても派遣先企業が断ることが判っているからではないかと思います。

結果的に、派遣会社の営業担当者から提案された仕事に応募する流れになりました。

但し、持病への影響が出そうな、

  • クリーンルームでの仕事
  • 夜勤の仕事

については、提案対象から外してもらうよう営業担当者に頼んでおきました。

営業担当者が提案してくれた仕事をやってみたいと思った場合は、営業担当者にその旨伝えると、派遣先企業の職場見学会への参加を設定してくれます。

職場見学会へ参加

5社の職場見学会に参加して気付いた注意点については、以下の記事をご覧ください。

 

派遣会社の営業担当者が、職場見学会への参加の段取りをつけれくれれば、あとは自分自身が職場見学の結果、その職場で働きたいかを判断するだけで、基本的には派遣先企業から断れることはありません。

派遣先企業での研修中、または、研修終了時に、派遣先企業から断られたり、自分自身から辞めることはあるかもしれません。

職場見学会に参加さえできれば、あとは、余程気に入らない限り、まずは、働いてみることをおすすめします。

私自身、人と話すのが苦手で、極力、黙っていたい性格なのですが、コールセンターで派遣社員として2年近く働いています。

スポンサーリンク

50代後半で派