【おすすめ5選】コールセンターでの当日欠勤を回避する健康管理方法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

50代・60代向け コールセンターでの当日欠勤を回避する健康管理方法 仕事
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、50代・60代でコールセンターに転職しようと思っている人に向けて、当日欠勤を回避する健康管理方法を解説します。

 

私だけかもしれませんが、年を取ると、鼻水が出やすくなったり、声が枯れやすくなったりします。

私自身、派遣社員としてコールセンターで働いていて、当日欠勤が多いと契約更新してもらえなく可能性が高まるので、当日欠勤しないよう健康管理に気を付けています。

コールセンターの仕事は、しゃべりっぱなし、座りっぱなしなので、50代・60代でコールセンターで働いてみようと思っている人の中には、健康面が心配で応募をためらって人もいると思います。

私は、潰瘍性大腸炎という難病持ちなので、からだは弱い方です。

しかし、健康管理に気を付けているせいか、コールセンターで働きだしてから半年を過ぎましたが、当日欠勤はありません。

 

50代・60代の人でも、健康管理に気を付ければ、当日欠勤を極力避けて、コールセンターでの仕事を長く続かけられると思うので、安心して応募してもらいたいと思います。

では、私が実践している健康管理方法について、優先度が高い順に解説しますね。

尚、50代60代で手に職がなく特技もない人への転職情報まとめについては、以下の記事をご覧ください。

①十分な睡眠を取る

寝ている猫

私の場合、体調を崩さないための健康管理方法として一番大切にしていることは、十分な睡眠を取ることです。

 

眠たくなると、頭がボーッとしてきて、フラフラします。

仕事から帰って来て、2時間程で睡魔が襲ってきて、即寝るので、最低7時間の睡眠時間を確保できています。

 

6時間睡眠だと、朝起きた時に眠たいですが、7時間睡眠だと、眠気を感じることなく起きることができます。

特に50代になってからは、自分に合った睡眠時間を毎日確保することが大切だと感じています。

 

【関連記事】【眠気解消】昼間眠たくなくなる睡眠の質改善方法と目覚めの方法

 

②喉を傷めない方法

紅茶

私は、声が少しかすれ気味で、咽(むせ)やすいので、喉を傷めないように以下のことを実践しています。

 

飲み物を飲む

お客様対応が2件程度終わる度に、半口程度飲み物を飲み、喉を潤すようにしています。

こうすることで、

  • 喉の乾燥を防ぐ
  • 口の中を洗い流す

ことができます。

 

ミネラルウォーターを飲む人もいますが、私は、温かい紅茶に生姜の粉末を混ぜたものを飲んでいます。

 

口の中を火傷しないよう、熱い紅茶ではなく、少し冷まして温かい程度にしています。

 

 

紅茶に生姜の粉だけをまぜると、喉の奥で生姜独特の刺激を感じて咽(むせ)ることがあります。

黒砂糖の粉も一緒にまぜて甘味を出すことで、生姜の刺激が弱くなります。

 

 

 

鼻呼吸をする

私は、会話中、気が付くと口呼吸になっています。

口呼吸になると、喉の奥が乾燥して風邪をひきやすいので、口呼吸に気付いたら、意識して鼻呼吸に切り替えて会話するようにしています。

 

のどスプレーを使う

飲み物を飲んだり、意識して鼻呼吸をしても、喉の奥に違和感を感じることがあります。

そんな時は、のど飴をなめたいのですが、飴をくわえたままでのお客様との会話は禁止されています。

のど飴の代わりにのどスプレーをします。

コールセンターで働くまでは、のどスプレーを使ったことがなかったので、初めて使った時は息を吸いながらスプレーしてしまいました。

息を吸いながらのどスプレーをすると咽(むせ)るので、息を止めてからスプレーするのがコツです。