安いヘルスケアスマートブレスレットVikyfly使い方【ハード編】

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

安くて軽いスマートウォッチを探しているあなたへ 日常生活
この記事は約15分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、お手頃価格の安いヘルスケアスマートブレスレットを購入検討中で、種類が多すぎて迷ってしまっているかたに、中国のVikyflyChortauが販売しているヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6の機能や使用レビューを紹介します。

 

ヘルスケアスマートブレスレットの価格はピンキリで、Apple Watch Series 4だと一番安いモデルでも45,800円(税別)もしますが、アマゾンで検索すると安いものだと3,000円台から沢山種類があります。

 

値段が高いヘルスケアスマートブレスレットを買えば、機能、使い勝手、品質などの点で後悔してしまうことは無いと思いますが、自分の使い方に合っていて、すぐに壊れず、できるだけ安い物を買いたいですよね。

 

私が2018年7月にアマゾンのタイムセールでVikyflyという販売元から購入したヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6は、電話の着信バイブ、LINE通知、その他SNS通知や歩数、血圧、心拍数、血中酸素濃度などのデータ計測機能があり、今も毎日使い続けています。

 

電話の着信バイブ、LINE通知、歩数、血圧、心拍数などのデータ計測機能程度で良ければ、VikyflyのヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6は、安くて、軽くて、使いやすくて、お手頃価格で丁度いいです。

 

では、そんな丁度いいVikyflyのC92-5D6の機能や使用レビューを紹介しますね。

 

尚、C92-5D6で採取したヘルスケアデータを、スマホで集計するFitCloudというアプリについては、以下の記事に書いています。

 

【関連記事】【無料ヘルスケアアプリ】FitCloudの機能と使い方を解説

 

アマゾンで「タイムセール スマートウォッチ」を探す→こちら

 

箱の中身の説明

C92-5D6の箱の中身

 

箱の中には以下の3つが入っています。

  1. ヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6本体
  2. 充電ケーブル
  3. 説明書

 

説明書は、以下の4つの写真です。

C92-5D6の説明書1

 

C92-5D6の説明書2

 

C92-5D6の説明書3

 

C92-5D6の説明書4

 

説明書の日本語が少し変ですが、なんとなく解りますね。

英語のみの説明書だった場合を想像すると、こんな日本語の説明書でもとてもありがたいです。

USBコンセントは付いていなので、手持ちの物を使用する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

購入の背景

以下の2つの機能が欲しくて、安くて、壊れにくそうで、画面の字が読みやすいものを探しました。

 

  1. 電話の着信バイブ
  2. Gmail受信

 

スマホをポケットに入れず、バッグに入れておくことが多いので、電話が掛かって来ても気づかないことがあります。

スマホをバッグに入れていても、ヘルスケアスマートブレスレットが電話の着信をバイブで教えてくれると便利だなと思いました。

メールが届いた際に、メールの表題と、本文については全文は無理にしても先頭の100文字程度でも読めれば便利だなと思いました。

他に3,000円台のヘルスケアスマートブレスレットとして、Muziliのヘルスケアスマートブレスレットなどいくつかと比較してみました。

他のヘルスケアスマートブレスレットは充電するために本体からベルトを引き抜く必要があり、抜き差しを繰り返すことで、本体とベルトの接続が緩くなり、使用中に本体とベルトが離れてしまって失くしてしまうのではないかと不安になり、VikyflyのヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6を購入しました。

尚、現在ではC92-5D6をVikyfly以外でChortauという業者も販売しています。

 

アマゾンで「タイムセール スマートウォッチ」を探す→こちら

 

使った結果

2018年7月初旬に購入し、この記事を書いている2019年1月までの半年間使った結果の感想は、ほぼ満足しており、100点満点中の90点です。

値段が3,000円台と安いので、すぐに壊れてしまったり、バッテリーが1日ももたなくなったりするのではないかと期待していなかったのですが、まだ現役で使えています。

Gmailを受信できなかったのは大きなマイナス点でしたが、購入目的に無かった

  • 歩数
  • 血圧
  • 心拍数など

のデータ計測機能に以外とはまってしまい、その日の測定値と前日の値と比較し、その日の運動量を振り返り役立っています。

 

では、使った結果の詳細を説明しますね。

 

電話の着信バイブは問題なく使える

電話の着信があるとヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6がバイブします。

バイブ中にC92-5D6の画面に発信者の電話番号または名前が表示されます。

スマホの連絡帳に登録されている人からの着信の場合は登録している名前が表示されます。

ヘルスケアスマートブレスレットをバッグに入れていて、かつ、電話に出れない時でも、折り返し電話する必要があるかをすぐに判断できるので便利です。

 

Gmailの受信はできない

アマゾンの商品ページでは、Gmaiの受信機能も記載されていますが、いろいろと試したり、アマゾンのサイトからVikyflyに問い合わせをしても回答が無く、現時点ではGmailの受信はできないです。

ヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6で指定されているアプリを使用してみた限りでは、Gmailの受信機能は無さそうです。

 

LINEのメッセージを読める

基本的にLINEを使ってないので、ヘルスケアスマートブレスレットの購入判断基準にLINE通知の機能の有無はなかったのですが、実際はLINE通知機能をオンにして使っています。

メッセージが来るとバイブで知らせてくれて、テキストメッセージを表示してくれます。

但し、スタンプ画像は表示されず、スタンプの名称がテキストで表示されます。

LINEメッセージを送信する機能は無くテキスト受信のみですが、十分満足しています。

 

ヘルスケアのデータ計測は相対的に役立つ

ヘルスケアのデータ計測機能も購入目的には入っていなかったのですが、日々、使っています。

私が良く見るヘルスケアのデータ項目は以下の順位です。

  1. 歩数
  2. 血圧
  3. 心拍数
  4. 呼吸数

 

歩数、血圧、心拍数、呼吸数の絶対的な測定精度については期待しておらず、過去1週間分の値と相対的に比較して、「今日はあまり動かなかったなぁ」などと振り返っています。

私は8週間に1度、病院で血圧と脈拍数(心拍数)を測っているので、2018年11月20日 午前9時頃の病院での測定結果とヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6での測定結果とを比較してみたところ、

  ①病院 ②C92-D56 ②÷①
最高血圧 144mmHg 128mmHg +12%
最低血圧 64mmHg 70mmHg +9%
心拍数 62拍/分 64拍/分 +3%

という結果で、血圧は若干高め、心拍数はほぼ同じということが判りました。

 

他に、

  • 睡眠時間と眠りの深さ
  • 血中酸素率

のデータ計測機能がありますが使用していません。

 

使用しない理由は、

  • 睡眠に関しては睡眠中にヘルスケアスマートブレスレットを身に付けるのがイヤだ
  • 血中酸素率に興味が無い

からです。

 

手首に付けた感触は良く軽い

ベルトは非常に柔らかくフニャフニャなので肌触りが良く、手首への締め付け感も緩く、手首への圧迫を感じることはありません。

この記事の後方で説明しますが、ベルトの余った部分の処理が一般的なベルトと異なり、余った部分をベルトの内側に突っ込むので余った部分のベルトが直接肌に触れることになります。

余った部分のベルトが直接肌に触れることに対し、大きな違和感を感じたのですが、実際に使ってみるとすぐに慣れました。

私は左手首に腕時計をはめて、右手首にヘルスケアスマートブレスレットC92-5D6をはめています。

腕時計とC92-5D6の重さと本体の厚さを比較すると以下のとおりで、C92-5D6を軽く感じています。

 

  ①腕時計 ②C92-5D6 ②-①
重さ 56g 25g -31g
厚さ