髪が傷まない男性用白髪染めサロンドプロメンズヘアマニキュアの使い方

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

髪が傷まない男性用白髪染めサロンドプロメンズヘアマニキュアの使い方 日常生活
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、ジアミン系酸化染料の白髪染めで頭皮が皮膚炎をおこしたり、髪がバサバサになって痛んでいたり、白髪染めは薄毛の原因になるのではと心配されている男性に、株式会社ダリアの髪が傷まずよく染まるサロンドプロEXメンズヘアマニキュア特徴使い方を紹介します。

 

みなさん、白髪がありますか?

白髪染めしていますか?

 

私は、20歳過ぎにポツリポツリと白髪が出てきて、30歳代になってから泡タイプのヘアマニキュアを使い始めました。

 

しかし、当時私が使っていた泡タイプのヘアマニキュアは、

・20分位染めても染まり方が薄い
・2週間程度で髪の色が抜けて薄茶色になる
・ヘアマニキュア液が減るのが早い

という点が不満でしたが仕方なく使い続けました。

 

その後、白髪の量が増えてきたため、40歳の時に思い切って床屋さんでジアミン系酸化染料の白髪染めをしてもらいました。ジアミン系酸化染料の白髪染めで染めると、殆ど色落ちしないという点が素晴らしかったです。

 

しかし、髪が痛んでしまい、コンディショナーやリンスをしてもバサバサのままで、白髪染めをする度にどんどん髪の潤いがなくなってしまいました。

 

また、強烈な臭いがするジアミン系酸化染料の白髪染めによる頭皮への影響も気になりました。そこで、いいヘアマニキュアがないかと、ホームセンターやドラッグストアを探しました。

 

そして、株式会社ダリヤのチューブタイプのサロンドプロヘアマニキュアを見つけたので使ってみることにしました。使ってみたところ、泡タイプのヘアマニキュアに対する不満点が全て解消されることが判ったので、ジアミン系酸化染料の白髪染めを完全に止めて、サロンドプロヘアマニキュアに切り替えて今に至っています。

 

最新版のサロンドプロEXメンズヘアマニキュアの発売日は2017年3月1日ですが、私自身はサロンドプロヘアマニキュアを約15年間使っており、アマゾン定期おとく便で毎月1本購入しています。

 

では、髪が痛まずよく染まる男性用白髪染めサロンドプロEXメンズヘアマニキュアの詳細を紹介しますね。

箱の中に入っているもの

 

箱の中には以下のものが入っています。

 

  • ヘアマニキュア本体
  • ブラシ
  • 細部用クシ
  • リムーバー
  • プロテクトクリーム
  • ビニール手袋
  • 使用説明書

 

リムーバーとは、ヘアマニキュアが肌についた時に拭き落とすローションのことです。
 
プロテクトクリームとは、あらかじめ肌に塗っておくことで、その箇所にヘアマニキュアが付いても肌に付着するのを防ぐクリームのことです。

 

私が使っていた泡タイプのヘアマニキュアには付いていなかったプロテクトクリームが付いているのはありがたいです。

あとで説明しますが、サロンドプロEXメンズヘアマニキュアを使用する場合、プロテクトクリームの使用は必須ですよ。

 

特徴

泡タイプのヘアマニキュアと比較

まず、私が使っていた泡タイプのヘアマニキュアと比較した場合の特徴は、

◎短時間でよく染まる
◎2~3週間経っても色落ちしにくい
◎1本で3回使える

です。

 

サロンドプロEXメンズヘアマニキュアの放置時間は説明書に5分と書かれていますが、私の場合は5分放置していません。それでもしっかり染まっています。

色落ちしてきたから染め直そうと思ったことは一度もありませんよ。

生え際の白髪が気になり始めたら染め直しています。

説明書にはショートヘア2回分と書かれていますが、私の場合髪が少ないせいか3回は使えます。

 

ジアミン系酸化染料の白髪染めと比較

次に、ジアミン系酸化染料の白髪染めと比較した場合の特徴は、

◎髪が生きているのを実感
◎頭皮にやさしい

 

×残念ながら髪の根元付近までは染められない

です。

私は、上の5個の◎印の特徴を理由に約15年間、株式会社ダリアのサロンドプロヘアマニキュアを使い続けています。

髪が生きているのを実感できるのは最高ですよ。

 

色の種類

髪を染める色の種類は以下の3種類があります。

 

カラー番号5 ナチュラルブラウン
カラー番号6 ダークブラウン
カラー番号7 ナチュラルブラック

 

私は全色使ってみた結果、自分の本来の髪色に近いと思うカラー番号7ナチュラルブラックを使っています。

 

使い方

前準備

①ヘアマニキュアが付いたブラシやクシの置き場として、洗面台に不要な新聞紙を準備します。

②メガネを掛けている場合は、メガネを外します。

③上半身の服を全て脱ぎます。

 

!注意!

私は、一度、シャツを着たままヘアマニキュアを塗ってしまったので、スーパーのレジ袋を頭から被ってシャツを脱ぎました。

幸いシャツにはヘアマニキュアが付きませんでしたが、レジ袋の入り口に付いたヘアマニキュアがそのまま、鼻とほっぺたに付きました。

余談ですが、レジ袋を被っている間は生きた心地がしませんよ。

 

④額回りの生え際、もみあげ回り、耳にプロテクトクリームを塗ります。

⑤髪が耳に掛かっている場合は、イヤーキャップ(耳キャップ)を耳に付けます。

 

イヤーキャップについては、百均で売っていますが、耳をキッチンラップで包んで輪ゴムでとめることでも代用できます。

 

⑥付属のビニール手袋を付けて準備完了です。

 

ヘアマニキュアを塗る

 

上の写真のように、付属のブラシの中央にヘアマニキュアを絞り出して、額から後ろに向かって髪をとかしてオールバックにします。

 

ブラシの先を頭皮に付けず、頭皮から浮かした状態で髪をとかすことで、ヘアマニキュアが頭皮に付くのを防ぎます。

 

ブラシからヘアマニキュアが無くなったら、また、ブラシにヘアマニキュアを付けて髪をとかしすのを繰り返します。