【極限3密?】コールセンターでのコロナウィルス感染予防策の実態

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

50代・60代向け コールセンターでのコロナウィルス感染予防策の実態 仕事
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、オイケです。

この記事では、『コールセンターで働いてみようと思っているけど、コールセンターは極限3密①密閉空間、②密集場所、③密接場所)だからコロナウィルス感染が心配だ』と思っているかたに向けて、筆者が勤務しているコールセンターでのコロナウィルス感染予防策を紹介します。

個人的には、私が勤務しているコールセンターと同等以上のコロナ対策を実施している職場であれば、職場内での感染リスクは、他の対面接客業よりも低いと思います。

今、どうしても働いて収入を得なければならなのであれば、職場見学させてもらって、この記事に書いている対策と同等以上の対策を実施しているかを判断基準にしてください。

では、コロナウィルス感染予防策の具体的な内容、個人的に実施している予防策、今後の心配な点などを解説しますね。

尚、50代60代で手に職がなく特技もない人への転職情報まとめについては、以下の記事をご覧ください。

コールセンターでのコロナウィルス感染予防策

私が勤務しているコールセンターでのコロナウィルス感染予防策は以下のとおりです。

オペレーターを組み分け

オペレーターを4組に分けて、稼働率を50%にしています。

例えば、Aという商品のオペレーターが100人いるとすると、その100人を、

  • 1組 25人
  • 2組 25人
  • 3組 25人
  • 4組 25人

に分けています。学校のクラス分けのようなものです。

そして、今週は1組と2組が出勤して、3組と4組は自宅待機

来週は3組と4組が出勤して、1組と2組は自宅待機といった勤務シフトを繰り返しています。

仮に1組のオペレーターからコロナ感染者が出た場合は、恐らく1組全員が当面自宅待機になり、2組、3組、4組で勤務シフトを組み変えるのだと思います。

2020年6月時点で、自宅待機は廃止されました。

フロアー分け

以前は、商品担当ごとにオペレータのフロアーが分かれており、例えば、

  • 商品Aのオペレーターが1階フロアー
  • 商品Bのオペレーターが2階フロア―

というふうに分かれていました。

しかし、現在は、例えば、

  • 商品Aの1組と商品Bの1組が1階フロアー
  • 商品Aの2組と商品Bの2組が2階フロアー

というふうに、同じ商品担当のオペレーターを2つのフロアーに分散させています。

これにより、1階フロアーで感染者が出て、しばらくの間、1階フロアーが使えなくなっても、稼働率は落ちるが、2階フロアーで、商品AとBの両方のコールセンター運営を維持するのが狙いだと思います。

座席の間引き

オフィス

オペレーターの座席の間隔は、120cm程度です。

稼働率を50%に落としたことで、座席を1つ置きに座れるようになり、隣同士の間隔が240cm程度になりました。

以前は、背中合わせのオペレータは、自分の真後ろにいました。

現在は、真後ろにいなくなり、斜め後になったので、後ろのオペレータとの距離も遠くなりました。

体温検査

体温計

コールセンターの事務所内に入室する際に、体温を検査されます。

体温が37.5度以上の場合は、入室できず、帰宅することになります。

自宅を出る前に体温が37.5度未満であることを測ることがルールなので、今のところ、体温検査で引っかかって帰宅した人はいません。

アマゾンで『非接触 体温計』を探す→こちら

窓開放

窓開放

窓を開けていると、お客様との会話の最中に、救急車のサイレンの音などを拾ってしまうことがあるので、窓が閉められていました。

現在は換気を良くするために、窓が開放されています。

涼しい、新鮮な空気が入って来て気持ちがいいです。

サーキュレーター

サーキュレーター

効果の有無は不明ですが、最近、