【歯垢除去】タフトブラシで歯垢を落として歯石を予防する歯磨き方法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

丁寧に歯磨きしても歯垢が残るあなたへ 日常生活
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、毎食後丁寧に歯を磨いても歯垢が残ってしまうかたに向けて、歯垢をきれいに落とす歯の磨き方について紹介します。

 

キーワードは、『タフトブラシ』です。

 

みなさんは虫歯の無い歯を何本位お持ちですか?

私は子どもの頃、歯磨きが雑だったせいか虫歯だらけで、虫歯の無い歯は上下の前歯4本ずつの合計8本です。

 

社会人になってからは、これ以上虫歯を増やさないよう丁寧に歯磨きしているのですが、歯垢がなかなか取れませんでした。

以前、歯医者さんに聞いたところ「一人ひとり、唾液の成分や歯の表面の質が異なるので、歯垢が付きやすい人、付きにくい人がいる」とのことでした。

 

私の場合、更に隣り合う歯同士の隙間が無く密集しているため歯並びが悪く、でこぼこした歯に歯垢が溜まるとすぐに歯石になります。

そうなると歯ブラシでは絶対に取れず、歯医者さんで歯石を取ってもらうことになります。

歯石を取ってもらっても、たった3ヶ月でまた歯石が出来上がってしまうことがあります。

歯垢は口臭のもとでもあり、歯石は見た目も悪く、それぞれ虫歯や歯槽膿漏の原因になると思います。

歯垢が付いている場所に応じて、歯垢を落とす方法を知っていただくことで、これ以上虫歯を増やさず、虫歯の無い健康な歯を一生維持していただきたいと思います。

 

では、私が実践している4つのステップに分けた歯の磨き方を順番に説明しますね。

ステップ①:フロスで歯と歯の間の歯垢を除去

デンタルフロス

私の場合、歯と歯の隙間が殆ど無く、フロスを少し強めに歯と歯の間に入れる必要があり、Y字タイプをフロスでは糸が隙間に入らないため、リールに巻かれたロールタイプフロス20cm程切り、指に巻いて使っています。

フロスにはワックス付きワックス無しがありますが、私の場合、ワックス無しだと歯と歯の間に入りにくく、力を入れすぎると勢い余って歯茎を切ってしまうので、ワックス付きを使っています。

ワックス付きの方がフロスをノコギリのように前後に動かすと、少しずつ歯と歯の間に入っていって、歯垢を除去できます。

フロスを使った後は、口の中をゆすぎます。

 

 

ステップ②:歯間ブラシで歯の根元同士の隙間の歯垢を除去

歯間ブラシ

歯間ブラシには色々なサイズがあります。

歯と歯の隙間の広さに応じたサイズの歯間ブラシを選んでください。

大きなサイズのものを無理に使うと歯茎を傷つけてしまい出血しますので、心配なかたは小さなサイズから試してみてください。

私の場合、全体的に歯と歯の間が詰まっているので、一番小さなサイズでも使える箇所は10箇所程度です。

歯間ブラシを使う時は、ブラシが乾いたまま使うよりも、ブラシを濡らした方が歯と歯の間に入りやすいです。

歯間ブラシをゆっくりと前後させるとフロスで取れなかった歯垢が取れます。

歯間ブラシを使った後も口の中をゆすぎます。

 

 

ステップ③:歯ブラシで歯の表面の歯垢を除去