【第1話】ガリバーで買ったジムニーの室内に折れたアンテナがある

ガリバーで買ったジムニーはどう?【第1話】趣味
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、オイケです。

2019年9月にガリバーで購入した2004年式の中古車ジムニー(JB23,4,AT)について、気付いたことを紹介します。

第1話は、室内に折れたアンテナがある話しです。

結論としては、何のアンテナだか判りませんでした。

では、詳細を説明しますね。

スポンサーリンク

室内のゆれる黑い棒に気付いた

納車日に、ガリバーBさんから、

ガリバーBさん
ガリバーBさん

ボリッシングとコーティングをしたので、ピカピカになりました。

といったニュアンスの話しをされましたが、私自身、現車確認せず、Bさんの説明を信じて注文しており、ポリッシング前の外装を見ていないので、どの程度ピカピカになったのかを実感できず、

 

オイケ
オイケ

そうなんだぁ、ピカピカになったんだぁ

と思った程度でした。

 

ジムニーを受け取り、ガリバーの敷地から一般道に出て、アクセルを踏んでみて驚きました。

オイケ
オイケ

全然進まない。
YouTubeでジムニーのオートマの加速が悪いことを聞いていたので、ある程度覚悟していたが、こんなに加速が悪いとは…

とは言っても、20年以上前から憧れていたジムニーなので、加速の悪さなど気にせず、まずは、事故無く自宅に着くことを目標にして慎重に運転しました。

 

ふと、ダッシュボードの運転席側の右隅に、ゆれる黒い棒が目に留まりました。

折れたアンテナ_3

 

運転しながら、ゆれる黒い棒を見ていたら、その黒い棒がダッシュボードの上に落ちて、ダッシュボードの上を助手席側にコロコロと転がっていきました。

黒い棒がゆれていた元の場所はどうなっているかと言うと、元気のいい毛のようなものが1本ピュンと立っています。

海老の元気のいい背わたがスーッと抜けて、ピュンと立っているようです。

車の少ない脇道に入ってジムニーを止めて、転がっていった黒い棒をつまんでみて失敗に気付きました。

黒い棒の表面がベトベトしています。

1か月位経って粘着力が落ちた蝿取り紙のようです。

黒い棒をつまんだまま、もう一方の手で海老の元気のいい背わたを持ち上げてみると、コードが繋がっていて、ダッシュボードとピラーの隙間の中に入っています。

ということは、海老の元気のいい背わたは、何かのアンテナのようです。

とりあえず、黒い棒を海老の元気のいい背わたに戻し、家に帰らず、ガリバーに戻ることにしました。

ガリバーに聞きに行った

ガリバーに戻ると、Bさんは他のお客さんの対応中だったのか、初めて会うAさんが対応してくれました。

オイケ
オイケ

何かアンテナみたいなものが付いているんですけど、これは何ですか?

ガリバーAさん
ガリバーAさん

何かのアンテナでしょうね。うちでは判らないですね。前のオーナーに聞いてもらうと判るかもしれませんが。

オイケ
オイケ

(前のオーナーが誰か知らんし)
(後日、Aさんが店長であることを知る)

ガリバーAさん
ガリバーAさん

うちの整備業者に車を持って行ってもらえるなら、何のアンテナかを調べるよう連絡しておきますよ。

オイケ
オイケ

無料で調べてもらえますか?

ガリバーAさん
ガリバーAさん

はい、無料です。

オイケ
オイケ

使っていないアンテナの場合、無料で撤去してもらえますか?

ガリバーAさん
ガリバーAさん

有料になります。

オイケ
オイケ

有料なら、とりあえず、このままにしておきます。

ということで、そのまま帰宅しました。

黒い棒をなんとか、元通りに戻そうを色々検討しましたが、折れた部分もベトベトしていて接着剤もテープも付きそうにないので、下の写真のように黒い棒を外したままにしています。

折れたアンテナ_4

何のアンテナかを想像してみた

このジムニーにはターボタイマーが付いています。

但し、ターボタイマーの本体は見える位置に無く、ターボタイマーの音が聞こえる場所から推測すると運転席側のダッシュボードの中にあるようです。

つまり、何だかわからないアンテナの下付近にターボタイマーの本体があるようです。

このことから、もしかしたら、ターボタイマーにエンジンスターター機能が付いていて、エンジンスターター用のアンテナではないかと想像してみました。

後日、別件でガリバーBさんに会う機会があり、Bさんから

ガリバーBさん
ガリバーBさん

前のオーナーに室内アンテナのことを聞いたのですが、「自分が購入した時には既に付いていたので、何のアンテナかは判らない」とのことでした。

との話しがありました。

スポンサーリンク

まとめ

今回購入したジムニーは私の人生で2台目の中古車です。

そして、人生最後の車にもなるのではないかと思っています。

1台目の中古車は、ガリバーに買い取ってもらったエブリィで、中古車とはいっても走行距離が2,500Km程度のほぼ新車状態で何の不具合もありませんでした。

よって、今回の走行距離18万Km超えのジムニーが実質1台目の中古車のようなものです。

中古車屋さんって、納車前の点検整備で室内にアンテナがあったら、「何のアンテナなのか」を調べないんですかね?

今回ジムニーを購入したガリバーの場合は、車検や納車整備を外注しているので、外注の整備工場さんとしては、少しでも利益を確保するために、必要最低限のことしかやれないのかもしれません。

整備工場さんが気になる点をガリバーに提案した結果、「それについては、発注金額内で対応して下さい」とういう返事だったら、その分利益が減りますからね。

何だかわからないアンテナは、今も付いたままですが、コンソール付近のカバーの外し方が判ったら、カバーを外して、ターボタイマー本体とアンテナとがコードで繋がっているかを確認しようと思っています。

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました