KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットのどっちがKindle本向き?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットのどっちがKindle本読書向き? 趣味
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、Kindle本読書のために、KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットのどちらを買おうか迷っている人に向けて、実際に両方購入して使ってみたのでその違いを紹介します。

Kindle本を読書する場合は、専用端末であるKindlePaperwhite他のKindle専用デバイスを使うべきか? それとも、FireHD8タブレットなどで代用するか? と迷うのではないかと思います。

2020年11月27日から12月1日まで開催された、Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーで、KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットを購入し、Kindle本の読書に使ってみました。

 

その結果、

  • どこで
  • どのカテゴリーのKindle本を読むのか

によって、

  • KindlePaperwhiteが向いている場合
  • FireHD8タブレットが向いている場合

があると感じました。

 

この記事を読んでいただくことで、あなたが、Kindle専用デバイスとFireHD8他タブレットのどちらを購入したほうがいいかがわかります。

では、詳細を解説しますね。

KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットの購入判断基準

実際に、KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットを使ってみて、まず、どちらか1台を購入する場合の判断基準は、

文字中心のKindle本をほぼ毎日、連続1時間以上読むか?

との問いに対し、

  • YesならKindlePaperwhiteを購入
  • NoならFireHD8タブレットを購入

することをおすすめします。

 

なぜなら、KindlePaperwhiteをはじめとするKindleデバイスの一番の特徴は、

目に優しいフロントライトと紙のような読み心地の「e-ink」ディスプレイ

なので、文字中心のKindle本を長時間読み続ける人で、目の疲れを極力抑えたい人には、Kindleデバイスがおすすめです。

逆にそれ以外の人は、あえてKindleデバイスを購入する必要はなく、FireHD8タブレットなどのタブレットで十分です。

KindlePaperwhiteが向いている場合

以下の場面のどれかに該当する人は、KindlePaperwhiteが向いています。

文字中心のKindle本を長時間読み続ける場合

文庫本サイズの小説のような文字中心のKindle本を長時間読み続ける場合は、目に優しいKindlePaperwhiteが向いています。

但し、FireHD8タブレットで1時間程度読書しても特に目の疲れを感じなかったので、人によってKindlePaperwhiteの「e-ink」ディスプレイの効果の感じ方が違います。

紙に印字されている文字に近い感覚で読書したい人は、KindlePaperwhite一択です。

 

Wifi環境が無い場所で読む場合

あらかじめKindlePaperwhiteに読みたいKindle本をダウンロードしておけば、外出先でWifi環境がなくても読書できます。

例えば、山奥のキャンプ場で一日中Kindle本を読むこともできます。

 

風呂で読む場合

KindlePaperwhiteは、防水保護等級がIPX8なので、水がかかっても、水没させても大丈夫です。

日常の入浴中や旅行先での露天風呂でも、読書を楽しむことができます。

 

寝ながら読む場合

KindlePaperwhiteの重さは、わずか183gです。

iPhoneXの重さが180gなのでほぼ同じですが、KindlePaperwhiteの方が大きいためか、KindlePaperwhiteの方が軽く感じます。

あおむけになってKindlePaperwhiteを手で支えるとすぐに疲れますが、横向きになってKindlePaperwhiteで読書するのは非常に楽です。

目に優しい「e-ink」ディスプレイなので、眠たくなるまで布団の中で本を読めます。

スポンサーリンク

 

FireHD8タブレットが向いている場合

以下の場面のどれかに該当する人は、FireHD8タブレットが向いています。

マンガ本や雑誌を読む場合

FireHD8タブレットはカラー画面で、KindlePaperwhiteよりも画面サイズが大きいので、マンガ本や雑誌を読む場合はFireHD8タブレット一択です。

FireHD8タブレットでのページめくり速度やズーム速度は、KindlePaperwhiteと比べて爆速なので、流し読みに向いています。

 

Wifi環境がある場所で読む場合

FireHD8タブレットでKindle本を読んでいると、数ページ読む度にWifiにアクセスしてページをダウンロードします。

よって、常にWifi環境がある場所でKindle本を読むのであれば、KindlePaperwhiteは必要なく、FireHD8タブレット十分です。

言い換えると、Wifi環境がない場所ではFireHD8タブレットでKindle本を読めません。

 

KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットの重さ比較

KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットの重さ比較

FireHD8タブレットとKindlePaperwhiteの本体と純正カバーの重さを比較した表は以下のとおりです。

  FireHD8タブレット KindlePaperwhite
本体 348g 183g
純正カバー 186g(※) 111g
合計 534g 294g

※アマゾンレビューに記載されていた値。

 

KindlePaperwhiteを単体で持つと非常に軽く感じます。

しかし、KindlePaperwhiteに純正カバーを付けると1.6倍の重さになるので、結構重く感じます。

KindlePaperwhite本体の軽さを活かすためには、カバーを付けず、「保護フィルム+スマホリング」の方がいいです。

FireHD8タブレットは、KindlePaperwhiteの1.9倍の重さで、片手で持つには大きいので、屋内で使う場合はブックスタンドなどに立てかければ、手が疲れることなくKindle本を読むことができます。

 

KindlePaperwhiteとFireHD8タブレットの表示比較

雑誌の表示比較

Kindleデバイス 週刊誌表示

上図は、雑誌の表紙を表示した状態の比較です。

FireHD8タブレットはカラー表示なので写真が見やすく、かつ、ページめくりが速いのであまりストレスを感じません。

もっと高性能のタブレットだともっとページめくりが速くなると思いますが、FireHD8タブレットの価格に対しては十分な表示速度です。

但し、8インチディスプレイで雑誌を読む場合は、拡大表示する必要があるので、雑誌中心の読書目的の人は、10インチディスプレイのFireHD10タブレットにした方がいいです。

KindlePaperwhiteは白黒表示、かつ、ページめくりが遅いので雑誌を読むのには向いていません。雑誌を読もうとするとストレスが溜まります。

 

マンガ本の表示比較

Kindleデバイス 漫画表示

上図は、「漫画バビロン大富豪の教え」の表紙を表示した状態の比較です。

表紙はカラーですが、中身のマンガは白黒なので、なんとかKindlePaperwhiteでも読むことができました。

しかし、KindlePaperwhiteは画面がFireHD8タブレットと比べて小さいので、当然文字も小さく読みづらいです。

KindlePaperwhiteに対しFireHD8タブレットは画面が大きく、ページめくりも速いのでストレスなく読むことができます。

但し、FireHD8タブレットを手で持って読んでいると、手が疲れてくるのでブックスタンドに立てかけることで楽に読めます。

 

小説の表示比較

Kindleデバイス 小説表示1

上図は、小説を表示した状態の比較です。

1ページに表示される文字数をほぼ同じにしているので、FireHD8タブレットの文字の方が大きいですね。

KindlePaperwhiteのディスプレイの方が目に優しい工夫がされているようですが、1時間程度の読書であれば文字が大きいFireHD8タブレットの方が読みやい印象です。