【PDFelement Pro】安くて高機能のPDF編集ソフトの使い方

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

WondershareのPDFelement Pro(プロ版)安くて高機能のPDF編集ソフトの使い方 趣味
この記事は約15分で読めます。

こんにちは、オイケです。

以前、下の記事で、無料でpdfを編集する手順を紹介しました。

【関連記事】フリーソフトInkscapeで無料でpdfを編集する手順

しかし、Inkscapeはドロー系の画像編集ソフトであるため、例えば、pdfに文字を追加する場合は、文字を追加する度に、テキストボックスで文字を追加し、上下左右の位置合わせが必要で、非常に面倒です。

この記事では、株式会社ワンダーシェアーソフトウェアのpdf編集に特化したPDFelement Pro(PDFelement プロ版)という安価で高機能のpdf編集ソフトの使い方を紹介します。

【関連記事】無料でイラストを描けるInkscapeのインストール手順

【関連記事】【使える?】オンラインの無料pdf編集サイトでpdfを編集する手順

【関連記事】Office Lensで平成元号の紙帳票をWordに変換してみた

【関連記事】スキャナーで作成したpdfをInkscapeで編集する手順

Acrobat Pro DCとPDFelement Proの違い

Acrobat Pro DCとPDFelement Proの違いについて、価格面と機能面について説明します。

PDFelement Proが断然安い

以下のとおり、PDFelement Proの方が断然安いです。

  • Acrobat Pro DC 23,760円(税込)年間プラン、一括払い
  • PDFelement Pro (Ver.9)  14,880円→9,980円(税込)永久ライセンス、一括払い

PDFelement Proは通常14,880円ですが、2023年1月27日時点では4,900円の割引期間中のため、9,980円で購入できます。

PDFelement Proにも年間プランはありますが、11,480円→7,280円(税込)なので、プラス2,700円で永久ライセンスの購入おすすめします。

機能面で問題無ければ、PDFelement Proを買った方が絶対お得ですね。

PDFelement Proの公式サイトは→こちら

公式サイトの一番上のメニューから「PDF編集ソフト」→「PDFelement」を選択することでPDFelementのページが表示されます。

Acrobat Pro DCとほぼ同等以上のことができる

PDFelement Proを開発しているwondershareの公式サイトによると、Acrobat Pro DCがバージョンアップした後、PDFelement ProもAcrobat Pro DCのバージョンアップ内容を網羅してバージョンアップしているので、基本的にAcrobat Pro DCと同等の機能を備えています。

更に、PDFelement Proには、Acrobat Pro DCに無い、以下の+αの機能を備えています。

  1. 文字に取り消し線や破線を付ける
  2. テキストを行単位や段落単位で編集できる
  3. 注釈の表示、一括非表示
  4. ファイルそれぞれを単一のExcelワークシートとして保存
  5. pdfから画像を抽出して保存

PDFelement(標準版)とPDFelement Pro(プロ版)の違い

PDFelement(標準版)とPDFelement Pro(プロ版)の代表的な違いとして、下記2つの機能がPDFelementに無く、PDFelement Proにあります。

①OCR光学文字認識

スキャンされたpdfの場合、文字は文字情報を持っておらず、画像になっているため、そのままでは文字を編集することができません。

OCR光学文字認識処理をすることで、画像から文字認識し、文字情報に復元することができます。

これにより、復元した文字情報を編集することが可能になります。

Word、Excel、PowerPointなどから直接作成したpdfが存在せず、スキャンされたpdfを編集したい場合は、PDFelementの標準版では無く、PDFelement Pro(プロ版)を購入する必要があります。

②フォームのフィールド認識

PDFelementの標準版でもフォームを手作業で作ることはできますが、フォームの数が多くなると、フォーム作成に時間と手間がかかります。

PDFelement Proには、フィールドを自動で認識してフォームを作成する機能があります。

アンケート用紙、申込書、申請書などのpdfを作成する人にとっては、フォームのフィールド認識機能は便利で生産性が高まりますね。

PDFelement Proのインストール手順

PDFelement Proの無料体験版のインストール手順を説明します。

PDFelement 無料ダウンロード

wondershareの公式サイトを開き、一番上のメニューから「PDF編集ソフト」→「PDFelement」を選択することでPDFelementのページが表示されます。

上図は古い画面ですが、画面右上や画面中央左側に「無料ダウンロード」のボタンが表示されるので、クリックすると無料体験版をダウンロードできます。

PDFelement インストールファイル

上図のインストールファイルをダブルクリックします。

PDFelement インストール

インストールをクリック

PDFelement インストール中

インストール中は、上図の画面が表示されます。

PDFelement 今すぐ開始

PDFelement Proのインストールが完了しました。

そのまま、PDFelementを起動する場合は、今すぐ開始をクリックします。

PDFelement Proの使い方

私がpdfを編集する場面を例に、PDFelement Proの使い方を説明します。

私がPDFelement Proの購入判断する際の評価ポイントでもあります。

Wordで作成したpdfの編集方法

Microsoft Wordで作成したと思われる、千葉県の個人事業主の開業届のpdfに必要事項を記入する場合のPDFelement Proの使い方を説明します。

結論を先に言いますと、Wordで作成した帳票のpdfにPDFelement Proで文字入力する機能は完璧です。

では、具体的に説明します。

PDFelement 起動直後

上図は、PDFelement Proの起動直後の画面です。

余談ですが、体験版と購入版は同じプログラムのようです。

今回は、体験版なのでこのまま操作を進めますが、購入版の場合は画面右上のログインをクリックして、ログインすることで体験版の機能制限が解除されます。

では、引き続き、体験版のままで画面内のPDF編集をクリックします。

PDFelement ファイルを開く

pdfファイルを選択して、開くをクリックします。

PDFelement オブジェクト編集

上図の、

  • 日付
  • 郵便番号
  • 電話番号

の入力欄には、テキストボックスがあるので、①オブジェクトを編集をクリックして、該当テキストボックスを選択することで、日付、郵便番号、電話番号を入力することができます。

他の文字入力欄でテキストボックスが無い箇所、例えば、

  • 住所
  • 氏名
  • 事業の種類
  • 屋号等
  • 名称
  • 所在地

の場合、テキスト追加をクリックして、自分でテキストボックスを配置して文字入力することができます。

報告区分の「1 事業の開始」の「1」を○で囲む場合は、注釈の順でクリックして、○を描くことができます。

Microsoft Power Pointを使ったことがあるかたは、マニュアルを見なくても直感で操作できます。

○□や線を描く時は、図形ではなく注釈をクリックして描きましょう。図形ボタンはありません。
上図の操作例では、テキストボックスが無い箇所に、テキスト追加をクリックして、自分でテキストボックスを配置しましたが、数が多いと面倒です。
罫線の枠内にテキストを入力する場合は、PDFelement Proのみで使えるフィールドを認識して自動的にフォームを作る機能を使うと一瞬でテキスト入力できるようになります。