【1万円以下】安くて取り付け簡単の初心者向けドライブレコーダー

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

初心者向けドライブレコーダーを探しているあなたへ 趣味
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、オイケです。

10,000円以下の安くて信頼できるメーカーのドライブレコーダーを探していませんか?

以前からドライブレコーダーには興味があり、時々、Amazonで安いドライブレコーダーの価格やビューを見ていました。

10,000円以下の多数のドライブレコーダーの場合、同じ商品なのに褒めたたえるレビューと使いものにならない内容のレビューがあり、当たり外れが心配で買う気になれませんでした。

カーショップで扱っている、コムテック、カロッツェリア、セルスター、ケンウッド、ユピテルなどのメーカー品の方が品質上安心なのでしょうが、安いモデルでも10,000円以上です。

ところが、数日前に近所のディスカウントショップのチラシに、ユピテルのDRY-SV1050cというドライブレコーダーが税込7,980円で出ていました。

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天市場よりも安いので購入してみました。

シガーソケットから電源を取り、簡単に取り付けることができました。

では、ユピテルのDRY-SV1050cの特徴、取付方法、使った感想などを紹介しますね。

尚、この記事内の料金は全て『消費税込み』です。

ユピテルDRY-SV1050cの特徴

ユピテル DRY-SV1050c

画質はFull HD

カメラは200万画素CMOSで1920×1080のFull HD撮影が可能です。

1280×720のHD撮影も可能ですが、より鮮明に録画するためにはFull HDで撮影したほうがいいですね。

尚、数千円のドライブレコーダーの場合、Full HD撮影ができずHD撮影の機種があるので購入時に要注意です。

Gセンサー記録ができる

ユピテルDRY-SV1050cにはGセンサーが付いているので、Gセンサーが衝撃を察知すると衝撃前後の映像が上書きされないように、専用フォルダーに保存されます。

Gセンサーが付いていないドライブレコーダーの場合は、衝撃を受けた後、上書きされないように、自分でドライブレコーダーの電源をオフにするなどして、録画ファイルの管理が必要です。

8GBのmicroSDカード付き

8GBのmicroSDカードは数百円で買えますが、付属しているのはうれしいです。

ユピテルDRY-SV1050cのみを購入すれば、他に別売品を購入する必要はなく、使うことができます。

但し、8GBのmicroSDカードでの常時録画時間は約30分です。

  • 16GBのmicroSDカードに変えると常時録画時間は約60分
  • 32GBのmicroSDカードに変えると常時録画時間は約120分

になるので、しばらく使ってみて常時録画時間に不足を感じるようであれば、32GBのmicroSDカードを購入しようと思います。

尚、ユピテルDRY-SV1050cで使えるmicroSDカードの最大容量値は32GBです。

1年間の無料のカーレスキュー

DRY-SV1050cに限らず、ユピテルの他のドライブレコーダーもキャンペーン期間限定で、タイムズクラブのロードサービスカーレスキュー1年間無料になります。

オプション機能

オプション部品を購入すれば、駐車中に動体検知記録やGセンサー記録ができます。

  1. マルチバッテリー 25,300円
  2. 電圧監視機能付電源ユニット 6,600円
  3. 5Vコンバーター付電源直結コード 2,200円

駐車中の記録機能を使いたい場合は、上の1.+3.の組み合わせ、または、2.+3.の組み合わせのオプション部品を購入する必要があります。

付いていない機能

付いていない機能をあげればきりがないですが、代表的なものをあげると以下の3つがあります。

  1. リアカメラ
  2. GPS
  3. 暗所での高感度撮影

追突されたり、煽られたりした時のことを考えると、リアカメラ付きも魅力的ですが、自分で取り付けるにはハードルが高いので、初めて購入する安い初心者向けのドライブレコーダーとしては、DRY-SV1050cで十分ではないかと思います。

ユピテルDRY-SV1050cの取付方法

①ブラケットの貼り付け

ブラケットの貼り付け位置仮決め

運転時にドライブレコーダーが目障りにならないよう、ルームミラーの近くにブラケットを貼り付けることにしました。

ブラケットの貼り付け位置、つまり、ドレイブレコーダーの設置位置を、ワーパーのふき取り範囲外にしてしまうと、汚れたフロントガラスを通して撮影してしまうので、ワイパーのふき取り範囲内にドライブレコーダーを設置しましょう。

ドライブレコーダー本体をブラケットに取り付けた状態で、ルームミラーに干渉しないことを確認した上で、おおよそのブラケットの貼り付け位置を仮決めしました。

ブラケットとフロントガラスの脱脂

ブラケットとフロントガラスの脱脂

両面テープを使って、ブラケットをフロントガラスに接着します。

両面テープの接着面が汚れていると、接着が弱く、ドライブレコーダーがフロントガラスから外れてしまうことがあるようです。

そこで、両面テープを貼り付ける前に、上図の黄緑箇所を脱脂します。

パーツクリーナーやガラスクリーナーを使って脱脂する人もいるようですが、取扱説明書には、

フロントガラスの汚れ・脂分を落とすのにパーツクリーナー・ガラスクリーナー等は絶対に使用しないでください。

と書かれているので、無水エタノールを使って脱脂しました。

尚、無水エタノールは、冷蔵庫、電子レンジ、換気扇などの汚れ取りにも便利です。