クラウド会計から法人税の確定申告書類を安く作る方法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

法人税の確定申告書類を安く作りたいあなたへ 趣味
この記事は約12分で読めます。

こんにちは、オイケです。

この記事では、マネーフォワードのクラウド会計をお使いのかたに向けて、法人税の確定申告書類を安く作る方法を紹介します。

法人を設立した後、事業が軌道に乗るまでの間は極力を出費を抑えたいですよね。

以前、私が一人で法人を設立した時、マネーフォワードのクラウド会計を使って会計処理をしていました。

当時、第1期の法人税の確定申告書類を作ろうとしたところ、

  • クラウド会計では決算書を作ることができるが、それ以外の書類は作れない

ということが判りました。

決算書以外の書類作成を税理士さんに依頼するお金を節約するために、全力法人税の無料機能を使って、決算書以外の書類を作成したことがあるので、その方法を紹介します。

確定申告書類作成の全体フロー

確定申告書類作成の全体フロー

上図は、法人税の確定申告書類の作成フローです。

上図中の①~④の作業で確定申告書類が完成します。

事前準備として、

  • 期末までの全ての仕訳入力が完了
  • 但し、未払法人税の仕訳入力は未了

であること条件です。

①クラウド会計から仕訳データ他を出力

クラウド会計から、以下の2つのファイルを出力します。

  1. 仕訳データ
  2. 固定資産台帳データ

②全力法人税から確定申告書類を出力

クラウド会計から出力した2つのファイルを、全力法人税に読み込みます。

全力法人税の有料会員になれば、決算書以外の確定申告書類を出力することができますが、無料会員の場合は、出力できる確定申告書類が限られます。

私の場合、無料会員で出力可能な確定申告書類を出力します。

③Inkscapeで残りの確定申告書類を作成

全力法人税の画面を見ながら、全力法人税の無料会員では出力不可能な確定申告書類をInkscapeで作成します。

④クラウド会計から決算書を出力

全力法人税の画面に表示された未払法人税の仕訳を、クラウド会計に入力し、決算書を出力します。

クラウド会計から仕訳データ他を出力

全力法人税で、決算書以外の確定申告書類を作成するためには、マネーフォワードのクラウド会計から、以下の2つのデータ(ファイル)を出力する必要があります。

  1. 仕訳データ
  2. 固定資産台帳データ
上記2つのデータを出力する前に、クラウド会計の仕訳データは以下の2つの条件を満たす必要があります。
①期末までの全ての仕訳入力が完了
②但し、未払法人税の仕訳入力は未了

クラウド会計から仕訳データを出力

ログイン後

上図は、クラウド会計へのログイン直後の画面です。

他社ソフトデータの移行

上図のとおり、決算・申告他社ソフトデータの移行 の順でクリックします。

弥生会計を選択

上図のとおり、弥生会計をクリックします。

仕訳をエクスポート

上図のとおり、仕訳をエクスポートのエクスポートをクリックします。

エクスポート

上図のとおり、

  • 形式 汎用形式
  • 開始日 決算期間の初日
  • 終了日 決算期間の最終日
  • 勘定科目 全て
  • ソート順 昇順(降順でもいいかも?)
  • ☑開始仕訳もエクスポート対象に含める
  • ☑未実現仕訳もエクスポート対象に含める

を選択し、エクスポートをクリックします。

上図の開始日が「12/01」ではなく「12/02」という中途半端な日付になっている理由は、私の場合、法人設立日が12月2日で、第1期の法人税の確定申告書類を作成するためです。
第2期からは、開始日が「12/01」になります。

汎用形式のcsvファイル

上図のとおり、仕訳データのcsvファイルが出力されました。

後に、このcsvファイルを全力法人税に読み込ませます。

クラウド会計から固定資産台帳データを出力

固定資産台帳

上図のとおり、クラウド会計のメニューから、決算・申告固定資産台帳 の順でクリックします。

固定資産台帳ダウンロード

上図のとおり、CSV出力をクリックすると、固定資産台帳データが、一旦、マネーフォワードのサーバー(ストレージ)に保存されます。

固定資産台帳ダウンロード

上図のとおり、、マネーフォワードのサーバー(ストレージ)に保存されているファイル一覧が表示されるので、ファイル作成日時を確認して、今作成した固定資産台帳データのダウロードをクリックします。