【手数料無料】LINEモバイルから他社へのMNP転出方法

【手数料無料】LINEモバイルから他社へのMNP転出方法日常生活
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、オイケです。

この記事では、LINEモバイルのMNP(モバイルナンバーポータビリティ)転出方法について紹介します。

2021年3月31でLINEモバイルは新規受付を終了し、4月1日から既存契約者に対しては、料金据え置きでデータ容量増量サービスを開始しました。

毎月データを繰り越している人にとって、このサービスはメリットがないので、他社への乗り換えを考えると思います。

他社への乗り換えの際に、LINEモバイルで発生する費用で気になるのが、

  • 解約事務手数料
  • MNP転出手数料

ですよね。

解約事務手数料は、1,100円(税込)かかってしまいます。

MNP転出手数料は、4月1日から無料になりました。

LINEモバイルのMNP転出方法は、LINEモバイルのマイページから5分程度で簡単に手続きできます。

私自身、4月になって、LINEモバイルからnuroモバイルに転出手数料無料でMNP転出したので、その手順を解説しますね。

尚、nuroモバイルをMNP転入で申し込む方法については、以下の記事に書いています。

【関連記事】【3GB月額料金792円】nuroモバイルをMNP転入で申し込む方法

スポンサーリンク

LINEモバイルのMNP転出手数料

LINEモバイル MNPでの他社転出方法

上図のとおり、LINEモバイルのMNP転出手数料は、2021年4月1日から無料になっています。

私はこれまで、ソフトバンク→イオンモバイル→LINEモバイルへ乗り換えてきましたが、MNP転出手数料がもったいなかったので、MNP転出せず、新規番号取得してきました。

しかし、新規番号を取得すると、色々なサイトに登録している会員情報の連絡先電話番号の登録内容を変更する必要があり、非常に面倒です。

よって、MNP転出手数料が無料なのであれば、よほどの理由がない限り、MNP転出した方が楽です。

LINEモバイルのMNP転出方法

私は、今回LINEモバイルからMNP転出し、NUROモバイルにMNP転入しました。

LINEモバイルのMNP転出方法を解説します。MNP転出の手続きは、5分程度で終わります。

まずは、LINEモバイルのマイページにログインすると、下記左側画面が表示されます。

LINEモバイル マイページ

上図左側画面の右上のMENUを👆タップし、MNP転出を👆タップします。

 

LINEモバイル MNP予約番号の発行

上図左側画面のMNP予約番号の発行の手続きを進めるを👆タップすると、上図右側の画面に切り替わるので、下スクロールします。

 

LINEモバイル MNP予約番号の発行手続きを進める

上図左側画面の上記の解約時の注意事項を確認しましたを👆タップし、MNP予約番号発行の手続きを進めるを👆タップすると、上図右側の画面に切り替わるので、下スクロールします。

 

LINEモバイル アンケート

上図左側画面のアンケートに答え、次の質問を👆タップすると、上図右側の画面に切り替わるので、アンケートに答え、次の質問を👆タップします。

 

LINEモバイル MNP予約番号の発行画面へ

上図左側画面のアンケートに答え、MNP予約番号の発行画面へをタ👆ップすると、上図右側の画面に切り替わるので、契約者名を入力し、下へスクロールします。

 

LINEモバイル MNP予約番号の発行画面

上図左側画面の転出する電話番号生年月日を入力し、次へを👆タップすると上図右側の画面に切り替わるので、表示内容を確認し、下へスクロールします。

 

LINEモバイル MNP番号発行申し込み

上図左側画面の表示内容に間違いがなければ、申し込むを👆タップし、はいを👆タップすると、上図右側画面に切り替わり、MNP転出の申し込みが完了します。

のちに、LINEモバイルに登録しているメールアドレス宛てに、MNP転出予約番号が通知されます。

MNP予約番号の通知は、当日中に来る場合もあるようです。

私の場合は、夜申し込んで、翌日の朝に通知が来ました。

MNP予約番号取得後の注意点

LINEモバイル MNP転出予約番号

上図は、MNP予約番号を申し込んだ翌朝に届いたMNP予約番号発行完了のお知らせメールです。

注意点は『有効期限内に転出先で回線を開通させること』です。

有効期限内に転出先で回線を開通させなかった場合は、MNP予約番号が無効になります。

MNP予約番号が無効になると、LINEモバイルの契約は解約にならず、契約は継続されます。

LINEモバイルの解約日

LINEモバイル 解約完了

転出先、つまり、乗り換え先でMNP予約番号を使って回線開通の手続きをすると、LINEモバイル側で解約手続きが行われ、上図の解約手続き完了のお知らせメールが届きます。

メールに記載されているとおり、MNP転出で月の途中での解約になっても、日割り計算はされません。

よって、各月の16日頃にMNP予約番号を取得して、月末の3日位前に乗り換え先での回線開通の手続きをしたほうがお得です。

LINEモバイルのSIMカード返却方法

LINEモバイル SIM返却先

上図のとおり、解約後はSIMカードを送料自己負担で返却する必要があります。

返却方法は、日本郵便のレターパック、クロネコヤマトの宅急便コンパクトだと、対面配達し、受領印またはサインの記録が残るので一番安心ですが、送料が500円以上もします。

よって、私はいつも、SIMカードを定型郵便の最小サイズの封筒に入れて、日本郵便の特定記録で返却しています。

送料は、特定記録の料金を含めて、244円(税込)です。

 

日本郵便の特定記録

上図は、特定記録で郵送した際に郵便局の人からもらった受領証です。

お問い合わせ番号が記載されているので、LINEモバイルの郵便受けに投函された日時が判ります。

 

日本郵便の配達記録

上図は、SIMカードをLINEモバイルに特定記録で返却し、後日、日本郵便の荷物の追跡サイトで配達状況を調べた結果です。

配送履歴に「お届け先にお届け済み」と表示され、その日時も表示されているので、よほどのことがない限り、SIM返却の督促が来ることはないでしょう。

尚、2021年1月にLINEモバイルのデータSIMを解約して、2月初旬に特定記録で返却しており、その後、2か月程経ちましたが、特にSIM返却の督促は来ていません。

まとめ

2021年4月からLINEモバイルでは、料金据え置きでデータ容量が増量されました。

これまで毎月データ不足を感じていた人にとっては、丁度いいサービスですが、私のようにデータを繰り越している人にとっては割高に感じてしまいます。

なぜなら、毎月LINEモバイルに1,628円(税込)を支払っているのに、nuroモバイルなら音声通話SIM 3GBで月額792円(税込)で済むからです。

LINEモバイルから他社へMNP転出する方法は簡単です。

LINEモバイルのマイページで、5分程度でMNP予約番号の申し込み手続きが済みます。

MNP予約番号取得後、乗り換え先でMNP予約番号を使って回線開通手続きをすれば、LINEモバイルは自動的に解約になります。

解約後は必ずSIMカードを返却しましょう。

日本郵便の特定記録でSIMカードを返却すれば、わずか244円(税込)で、LINEモバイルの郵便受けに投函された日時が判ります。

\事務手数料(3,300円)無料キャンペーン中/NUROMOBILE

 

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました