【おすすめ】安い簡易型宅配ボックス3選

日常生活
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、留守中に宅急便を受け取ることができる簡易型宅配ボックス3選を紹介します。

アマゾン・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのECサイトや、メルカリ・ラクマなどのフリマサイトで買い物したり、ヤフオクなどのオークションサイトで落札したりして、頻繁に宅急便が届くかたの場合、ご自身の在宅時間と宅急便業者の訪問時間がすれ違い、なかなか荷物を受け取ることができませんよね。

そんなかたへの解決策として、過去に以下の記事を紹介しました。

 

【関連記事】ネットで簡単にできるクロネコヤマトの宅急便の再配達依頼方法

【関連記事】ネットで簡単にできるクロネコヤマトの宅急便のコンビニ受け取り設定方法

 

しかし、一番楽でありがたいのは、ハガキや封筒が郵便受けに入っているように、帰宅したらちゃんと荷物が届いていることではないでしょうか。

宅急便版の郵便受けに相当するのが宅配ボックスです。

雨風に強いがっしりとした宅配ボックスは何万円もしますが、簡易型宅配ボックスであれば数千円で手に入れることができます。

では、5千円以下で手に入る簡易型宅配ボックスを3つ選んでみましたので紹介しますね。

スポンサーリンク

おすすめ簡易型宅配ボックス

①山善 ソフト宅配ボックス P-BOX ピーボ ASPB-1

山善 ASPB-1

画像引用元:山善ホームページ

私がいちばんおすすめするのが、このASPB-1です。

実売価格は、2019年5月23日時点で、

  • 楽天市場最安値 3,480円(税込、送料無料)
  • Yahoo!最安値  3,480円(税込、送料無料)
  • アマゾン最安値 3,996円(税込、送料無料)

です。

簡易型宅配ボックスなのでソフトタイプですが、芯材にプラスチック段ボールを使用しているため、型崩れせず自立します。

また、撥水性、耐久性が高いPVC(ポリ塩化ビニル)素材を使用しているので、小雨程度では中の荷物が濡れません

山善 ASPB-1

画像引用元:山善ホームページ

上の写真のように、荷物が来ない日は折りたたむことで厚さ5cm程度になるので、玄関先に置いていても邪魔になりません。

また、内側のポケットには、認印や南京錠を入れておくことができます。

山善 ASPB-1

画像引用元:山善ホームページ

上の写真のとおり、内寸は51cm×42cm×33cmです。

このサイズだと、例えば、クロネコヤマトの120サイズ(外寸36cm×32cm×29cm)がすっぽりと入ります。

衣類、サプリメント、小物家電などであれば十分この宅配ボックスASPB-1に入りそうですね。

 

 

アマゾンで『山善の宅配ボックス』を検索する→こちら

 

②サンワサプライ 60Lサイズ DB-BOX2

サンワサプライ DB-BOX2

画像引用元:サンワサプライホームページ

実売価格は、2019年5月23日時点で、

  • Yahoo!最安値 3,400円(税込、条件付き送料無料)
  • アマゾン最安値 3,980円(税込、送料無料)
  • 楽天市場最安値 3,980円(税込、送料無料)

です。

この宅配ボックスを販売しているのは、パソコンなどの周辺機器メーカーとして有名な創業約70年のサンワサプライです。

表面が撥水加工されていて、裏地は防水性のあるナイロンオックス生地なので少しの雨でも中の荷物が濡れないようになっています。

サンワサプライ DB-BOX2

画像引用元:サンワサプライホームページ

上の写真のとおり、内寸は44cm×44cm×33cmです。

内寸の3辺合計は121cmですが、残念ながらクロネコヤマトの120サイズ(外寸36cm×32cm×29cm)は入らず、100サイズ(外寸27cm×38cm×29cm)であれば十分に入ります

内側のポケットには、認印や南京錠を入れておくことができます。

また、未使用時は高さを約44cmから約5cmにたたむことができます。

最後に、非常に残念なのですが、サンワサプライのホームぺージでこのDB-BOX2は廃止商品になっているので、購入できるのYahoo!やアマゾンでの在庫分のみのようです。

 

 

アマゾンで『サンワサプライの宅配ボックス』を検索する→こちら

 

③Yper(イーパー) OKIPPA

OKIPPA

画像引用元:OKIPPAホームページ(旧デザインの写真)

OKIPPAは、簡易型宅配ボックスというよりは、置き配バッグです。

OKIPPAは、OKIPPA公式ページでも購入可能です。

 

クロネコヤマトの120サイズ(外寸36cm×32cm×29cm)が余裕で入ります。

 

OKIPPA

画像引用元:OKIPPAホームページ(旧デザインの写真)

広げるのも畳むのも簡単で、使わない時は4つ折りでコンパクトになるので、他社の簡易型宅配ボックスと比べて、玄関先に置いていても場所を取りません。

生地は撥水加工、ファスナーは止水加工されているので、少し雨が掛かる程度でしたら、荷物が濡れることはありません

撥水が弱くなったり、生地の汚れが目立ってきたら、洗濯して防水スプレーを吹きかけることで撥水効果が復活します。

 

 

アマゾンで『OKIPPA』を検索する→こちら

 

荷物管理無料アプリOKIPPAが便利

スマートフォンでApp StoreやGoogle Playからダウンロードできる荷物管理無料アプリ「OKIPPA」がとても便利です。

 

このOKIPPAアプリを使うことで、ECサイトで購入した商品の発送状況を一元管理でき、OKIPPAバッグへの配達が完了するとスマートフォンに通知が来ます。

万が一、宅配業者がOKIPPAバッグに気付かず不在票を入れてしまった場合も、OKIPPAアプリで再配達を依頼することもができます。

 

OKIPPAアプリに対応しているECサイトは、Amazon、楽天、ZOZOTOWN、ユニクロ、FANCL、ビジョナリー・カンパニー、Fabia、ヨドバシ・ドット・コムです。

OKIPPAアプリに対応している宅配業者は、ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、Rakuten EXPRESS、Amazonデリバリープロバイダです。

 

置き配保険で30,000円補償

年間980円の置き配保険に加入することで、置き配された荷物に対し最大30,000円まで盗難や破損の補償がされます。

詳細については、公式ページをご覧ください。

簡易型宅配ボックスおすすめ対象のかた

以下に該当するかたにおすすめします。

  • 不在が多く、荷物をなかなか受け取ることができないかた
  • 宅配業者と顔を合わせずに荷物を受け取りたいかた
  • 再配達依頼をするのが面倒なかた

簡易型宅配ボックスの使い方

この記事で紹介した簡易型宅配ボックスは、共に付属品として、

  • ワイヤーケーブル 1本
  • 鍵 2個

があります。

玄関ドアハンドルと宅配ボックスとをワイヤーケーブルで繋ぎ1つ目の鍵でロックします。

もう1つの鍵を開けた状態で認印と一緒に宅配ボックスの中に入れて、玄関先に置いておきます。

これで準備完了です。

宅配業者は、鍵と認印を取り出し、荷物を宅配ボックスの中に入れて受領印を得た後、宅配ボックスのファスナーを閉めてファスナーに鍵を掛けます。

帰宅後、宅配ボックスの鍵を開けて、荷物を受け取ります。

 

簡易型宅配ボックスの課題

盗難の可能性あり

宅配ボックスに鍵が2つ付いていますが、宅配ボックス自体の素材はビニールや生地なので、金属製の据え置き型と比べると盗難の可能性が高いです。

ECサイトや宅配業者は盗難補償しないので、盗難にあった場合は自己責任となります。

OKIPPAにはプレミアムプランとして、置き配保険が準備されているので加入した方がいいですね。

 

オートロックマンションでは玄関先まで行けない

オートロックマンションの場合、住人から正面玄関を開けてもらわないと玄関先まで行くことができないので、玄関先に宅配ボックスを置いても不在時は利用できません。

但し、在宅中でも防犯上、宅配業者から直接手渡しで荷物を受け取りたくないかたにとっては役立ちます。

 

荷物を追加投入できない

郵便受の場合は、投入口が空いているため、郵便受の容量に空きがある限り、新聞投函、はがき投函、ダイレクトメール投函など追加投入できますね。

しかし、簡易型宅配ボックスの場合は、荷物投入後、ファスナーに鍵をかけるため、宅配ボックス内に空きがあっても別の宅配業者は荷物を宅配ボックスに入れることができません。

 

まとめ

簡易型宅配ボックスは、あくまでも「簡易型」であるため、高価な「据え置き型」と比べると課題があります。

 

しかし、荷物が丸見えの状態で玄関先、洗濯機の上、ガスメーター内などに置く、「置き配」と比べると、セキュリティーやプライバシーの面で優れています

 

また、簡易型宅配ボックスを使うことで、再配達依頼のためにプライベートの時間を調整する必要がなくなるということは、5千円以下の投資に対するリターンとしては非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

 

ECサイトやオークションサイトから頻繁に荷物が届くかたは、まずは1個、簡易型宅配ボックスを使うことで、帰宅時に荷物が届いている喜びを味わいましょう。

 

アマゾンで『宅配ボックス』を検索する→こちら

アマゾンで『セキュリティーワイヤ』を検索する→こちら

 

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました