【第3回】ブログ記事内の税込価格を増税後価格に自動変更する方法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ブログ記事内の税込価格を増税後価格に変更したいあなたへ ブログ
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、オイケです。

過去ブログの消費税10%対応プロジェクトの第2回目の記事では、

  • Xserver内でWordPress関係のデータがどのような構造になっているか
  • WordPressの記事データを操作する方法

について調査し、その結果、

  • 記事データは、MySQLデータベース内にある
  • MySQL内の税込価格を変更するためには、PHPやSQLでプログラムを作る必要がある

ということが判りました。

しかし、PHPもSQLもMySQLも知らない私が、データベースを操作した結果、データベースを壊してしまうのが心配なので、データベース操作については、しっかりと勉強をしてチャレンジすることにします。

第3回目の本記事では、

  • WordPressのテキストエディタ画面のテキスト情報を使って、税込価格を変更する方法

を調査します。

過去ブログの消費税10%対応プロジェクトとは?

オイケのブログの記事内の税込価格を消費税10%増税後の税込価格に変更する環境を構築するプロジェクトです。

下の図を使って、具体的に説明します。

WordPressテキストエディタ

上図は、【Excelあり】お米を安く簡単に送れるヤマト便の運賃と送り方という記事のWordPressのテキストエディタ画面です。

ピンクで囲んだ箇所は、消費税8%の税込価格です。

この税込価格を、消費税10%の税込価格に、手作業では無く、自動的に変更したいのです。

WordPressのテキストエディタを使って税込価格を変更するイメージ

WordPressのテキストエディタを使って税込価格を変更するイメージ

上図は、WordPressのテキストエディタを使って税込価格を変更するイメージ図です。

全体イメージの詳細を順番に説明します。

①WordPressのテキストエディタで記事をコピー

WordPressのテキストディタで記事を開き、Ctrl+aで全てのテキストを選択し、Ctrl+xで選択したテキストをコピーすると同時に削除します。

 

ビジュアルエディタで記事を開いた状態で、Ctrl+a→Ctrl+xを実行してはいけません。
必ず、テキストエディタで記事を開く必要があります。

②メモ帳に貼り付け

メモ帳を開いて、WordPressのテキストエディタでコピーした内容を、Ctrl+vで貼り付けます。

貼付け後、old.htmlというファイル名で保存します。

③プログラムで8%税込価格を10%税込価格に変更

何らかのプログラムを作って、そのプログラムを使って、記事内の税込価格を消費税10%の税込価格に変更して、new.htmlというファイル名で保存します。

今回の記事は、8%税込価格を10%税込価格に変更するプログラムの作成に関して、

  • プログラム言語の選定
  • プログラム実行環境の作成

が主な内容です。

④メモ帳でコピー

new.htmlをメモ帳で開いて、Ctrl+aで全てのテキストを選択し、Ctrl+cで選択したテキストをコピーします。

⑤WordPressのテキストエディタに貼り付け

WordPressのテキストエディタに戻って、メモ帳でコピーした内容を、Ctrl+vで貼り付けます。

貼付け後、公開ボタンをクリックして、記事の変更内容を保存します。

プログラム言語の選定

テキスト処理に向いているプログラミング言語を調査したところ、Perl、Ruby、Pythonその他いくつかのプログラミング言語があることが判りました。

しかし、どの言語も難しそうです。

Perlよりもシンプルなプログラミング言語としてgawkがあることが判りました。

そこで、まずは、gawkでテキストファイル内の8%税込価格を10%税込価格に変更することができないかを検討してみます。

gawk 3.1.6のインストール

Windows版gawk 3.1.7日本語版は、現在公開停止中になっているので、1つ古いバージョンの3.1.6をインストールします。

gawk 3.1.6ダウンロードサイト

gawk 3.1.6のダウンロードサイトから、「Complete package, except sources」のSetupをクリックしてインストールファイルをダウンロードします。

gawk 3.1.6 ダウンロード完了

gawk-3.1.6-1-setup.exeがダウンロードされるので、ダブルクリックします。

gawk1.3.6 インストール中

Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

I accept the agreementを選択して、Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

Nextをクリック

gawk1.3.6 インストール中

Installをクリックすると、インストールが開始されます。

gawk1.3.6 インストール中

Finishをクリック

これで、gawk 3.1.6のインストールが完了しました。

次に下図のとおり、③のpath変数にgawkがインストールされたフォルダーを追加します。

gawkのpath追加

gawkプログラムの参照先pathを追加するためには、システム変数の編集画面を表示する必要がありますが、gawkをインストールしたwindowsのバージョンによって、システム変数の編集画面を表示するまでの手順が異なるようです。

私のパソコン(Windows 8.1)の場合は、以下の手順でシステム変数の編集画面を表示しました。

PC設定 → コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム → システムの詳細設定 → 詳細設定 → 環境変数 → システム環境変数(S) → Path → 編集 → 変数値(V) を編集 → OK → OK → OK

尚、私のパソコンの場合は、上図の③の位置に「;C:\Program Files (x86)\GnuWin32\Gawk」を追記しました。