【第7回】ブログ記事内の税込価格を増税後価格に自動変更する方法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

⑦ブログ記事内の税込価格を増税後価格に変更したいあなたへ ブログ
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、オイケです。

過去ブログの消費税10%対応プロジェクト第6回目の記事では、

  • 増税後価格を学習用MySQLデータベースに書き戻すPHPプロブラム

を作成しました。

今回の第7回目の記事では、

  • 増税後価格をオイケのブログのMySQLデータベースに書き戻すPHPプロブラム

を作成します。

とは言っても、まだ、消費税増税後前なので、XSERVERのオイケのブログのMySQLデータベースを書き換えず、パソコンにMySQLファイルをダウンロードして試行することにします。

XSERVERからMySQLのバックアップ

まずは、XSERVERからMySQLデータベースをパソコンにダウンロードします。

サーバーパネル

XSERVERのサーバーパネルにログインし、MySQLバックアップをクリックします。

エクスポート実行

手動バックアップをクリックし、エクスポート実行をクリックします。

バックアップSQLファイル

上図のとおり、MySQLファイルがパソコンにダウンロードされます。

次に、このMySQLファイルをパソコンの仮想サーバーにインポートします。

パソコンでMySQLファイルをデータベースにインポート

学習用phpMyAdmin

パソコンで仮想サーバーを起動後、ブラウザで、http://192.168.56.11/phpmyadmin/ を開き、ユーザ名とパスワードを入力して、実行をクリックし、phpMyAdminにログインします。

この後、MySQLファイルをデータベースにインポートします。

ログイン後

インポートをクリックします。

インポート

ファイル選択をクリックします。

ファイル選択

MySQLファイルを選択し、開くをクリックします。

実行

実行をクリックし、MySQLファイルをインポートします。

アップロード不可

オイケのブログのMySQLファイル容量は、わずか27MBなのですが、上図のピンクで囲んだ箇所のとおり、「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです。」というメッセージが出て、MySQLファイルをインポートできません。

phpMyAdminを最新バージョンにアップデートすれば解決するのかもしれませんが、現在、インストールしているphoMyAdminは、これからはじめるMySQL入門に付属しているDVDからインストールしたものであり、バージョンアップの方法がわかりません。

created by Rinker
¥3,278 (2024/07/25 19:27:42時点 楽天市場調べ-詳細)

適当にバージョンアップしてphoMyAdmin自体が使えなくなってしまうと困るので、バージョンアップせず、SQLコマンドを使って、MySQLファイルをデータベースにインポートすることにします。

mysql_リストア不可

Linuxのコマンドプロントから、

  • mysql -u root -p < MySQLファイル名

  • mysql -D デ