【概要】Google AdSenseホリデーシーズンに向けての対策

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Google AdSenseの広告設定をイジリたいあなたへ ブログ
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、オイケです。

この記事では、2019年11月12日頃にオンライン放送されました「2019年 Google AdSenseと考える ホリデーシーズンに向けての対策」の概要を説明します。

まだ、Google AdSenseに合格していないかたは、このオンライン放送を見ることができなかったと思います。

そのような方々がこの記事を読んで、後日、AdSenseに合格したら、AdSenseの設定にフィードバックしていただけたらと思います。

また、AdSenseの、

  • 自動広告設定
  • ブロック設定

については、当ブログのAdSense画面を使って説明しているので、オンライン放送の内容に加えて解りやすいと思います。

では、オンライン放送の概要を説明しますね。

季節性とは?

季節性とは、カレンダー上で毎年起こる予測可能な行動パターンのことで、ビジネスに影響を及ぼす特定のユーザーの行動のことを指す。

季節性は3つのタイプに分類される

  1. 文化的(例:クリスマス、お正月、ラマダン)
  2. 商業的(例:ブラックフライデー、母の日)
  3. その他定期的に開催されるイベント(例:オリンピック、選挙)

何が季節性の影響を左右するか?

広告主側の行動ユーザーの行動が季節性の影響を左右する。

広告主側の行動

より高いRPMが必要。

例:おもちゃを売っている広告主は、クリスマスシーズンになるとユーザーに自社商品を選んでもらうよう、競合よりも広告費を高くする。

RPM = インプレッション収益
表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額
インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000
例:ページ ビュー数 25 回での見積もり収益額が 0.15 ドルの場合、ページのインプレッション収益は(0.15 ドル/25)×1,000 = 6 ドルとなる。

ユーザー側の行動

より多くのトラフィック必要。

例:自分の望むプレゼントを得るために、あらゆるサイトを閲覧し、希望の商品を探す。

季節性がパブリッシャーにとって大切な理由

トラフィックが爆発的に増加するため

例:ブラックフライデー(11/29~12/2)期間中は、トラフィックが爆発的に増える。

広告主間で競争が増加するため

  1. 広告主はブラックフライデーや母の日といった特定のイベントで確実に自社の商品/サービスの広告が表示されるよう、広告費を多く費やす
  2. 更に高い競争
  3. 更に高いCPCが見込まれる
CPC=Cost Per Clickの略で、1クリックあたりの広告費のこと。

例:世界の中でも特にアジア諸国においては、2018年のSingles’ Day(11月11日)に最初の90秒間で1,000億円が使われたというデータがある。

ホリデーシーズン前の対策

ホリデーシーズン前の対策として、まず、AdSenseアカウントを最適化し、次に、サイトを最適化する必要がある。

AdSenseアカウント最適化

自動広告を活用した収益最大化

最新の自動広告を使って収益を最大化しよう。

自動広告レビュー機能

今までは、自動広告を設定しても、どこに自動広告が配信されるのかが判らなかった。

今回のアップデートにより、自動広告を設定したら、実際にどのように自動広告が配信されるのかを確認できるようになった。

自分のサイト上に実際にどのように表示されるのか、プレビューが可能となった。

オイケ
オイケ

では、オイケのブログのAdSenseアカウントを例に、自動広告の設定を説明しますね。

AdSense自動広告のサマリー編集

 

上図は、当ブログのアカウントでGoogle AdSenseにログインして、広告サマリーを表示した画面です。

当ブログでは、自動広告オンにしています。

編集をクリックします。

広告割合を最適化する

AdSense広告読み込み

当ブログをスマホで表示した場合の広告表示をプレビューできます。

広告読み込みをクリックすると、上図のとおりページに表示する広告を管理するサイドバーが表示されます。

このサイドバーを、最小に設定するとサイト上に表示される自動広告は1つ上限に設定すると自動広告は4つ表示されます。

サイドバーの最小と上限の間に設定した場合は、上図のとおり、各記事の間には広告が表示されていません。

次にサイドバーを上限に設定してみます。

AdSense広告読み込み上限

サイドバーを上限に設定すると、上図のとおり、2つの記事毎に自動広告が配置される見込みとなります。

2つの記事毎に自動広告が配置されるのは読者目線でよろしくないと判断し、自動広告の数を減らしたい場合は、サイドバーを少し左側に動かしてみるか、上図の②または③のゴミ箱をクリックすればいいです。

【参考】アンカー広告の表示設定

AdSenseアンカー広告オン

上図のとおり、アンカーオンにすると、スマホの上部にアンカー広告が配置される見込みとなります。

アンカー広告は動的な感じがして格好いいですが、読者目線で考えると邪魔な気がするので、読者人気が低い当ブログでは、アンカーをオフにしています。

オイケ
オイケ

「最新の自動広告機能を使って収益を最大化しましょう」という観点では、アンカーをオンにしてみるのも一つの手ですね。

 

【参考】自動広告対象外ページの設定

特定のページやセクションに自動広告を表示させない設定ができます。

oikeblog.com/delivery-bento というページに自動広告を表示させないように設定する例を説明します。

AdSense自動広告ページ除外

上図のとおり、管理をクリックします。

AdSense自動広告ページ除外_2

上図のとおり、除外設定を追加をクリックします。