お子様向けプログラミングスクールに申し込む前に無料体験で相性をチェック

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

お子様向けプログラミングスクールに申し込む前に無料体験で相性をチェック 日常生活
この記事は約19分で読めます。

こんにちは、オイケです。


このブログ記事では、お子様をプログラミングスクールに通わせるかどうか悩んでいる親御さんに向けて、お子様向けプログラミングスクールに申し込む前に無料体験で相性をチェックする方法についてお伝えします。

小学校高学年のお子様を持つ親御さんは、プログラミング教育の必要性や効果について気になっているかもしれません。
しかし、どのようなプログラミングスクールがお子様に合っているのか、どのようなコースがあるのか、料金や受講形態はどうなっているのかなど、わからないことも多いでしょう。

そこで、この記事では、LITALICOワンダーというプログラミングスクールの特徴やコースの違いなどを紹介します。

また、無料体験レッスンでお子様の好みや相性の良いコースを確認する方法をお伝えします。この記事を読んで、お子様にとって最適なプログラミングスクールを見つける一助になれば幸いです。

  1. 小学校高学年からプログラミングを学ぶ必要性と将来期待される効果
    1. 論理的思考力や創造力を養う
    2. コミュニケーション能力や協調性を高める
    3. 未来の社会で必要とされるスキルを身につける
  2. LITALICOワンダーの特徴
    1. オーダーメイドのカリキュラムを提供
    2. 知識を増やすだけではなく将来活きる力を育てる
    3. 発達障害・ADHD・学習障害のお子さまでも大丈夫
  3. LITALICOワンダーの各プログラミングコースの違い
    1. ①プログラミングツールや言語の違い
    2. ②学習内容の違い
  4. ゲーム&アプリプログラミングコースの特徴
    1. ゲームやアプリを自分で作ることで、プログラミングの基礎を身につけることができる
    2. 視覚的に理解しやすい教材を使って、プログラミングを学ぶことができる
    3. 一人ひとりの興味や関心に合わせて、オリジナルのゲームやアプリを作ることができる
  5. ゲーム&アプリエキスパートコースの特徴
    1. テキスト型プログラミング言語を学ぶ
    2. エキスパートコース専任のスタッフが指導
    3. VRやスマートフォン向けアプリ、Web制作など、幅広いジャンルの作品制作に取り組む
  6. ゲーム&アプリプログラミングコースが向いているお子様
    1. ゲームで遊ぶのが大好き
    2. パソコンやタブレットで遊ぶのが好き
    3. 自分でゲームやアプリを作ってみたい
    4. 自分で描いたキャラクターを動かしたい
  7. ゲーム&アプリエキスパートコースが向いているお子様
    1. 3DゲームやVRゲームをつくりたい
    2. 自分のホームページをつくりたい
    3. Scratchやロボットプログラミングが好き
    4. テキストコーディングに挑戦してみたい
  8. 無料体験レッスンでお子様の好みや相性の良いコースを確認
  9. 初期費用と月謝(料金)
    1. オンライン受講の初期費用と月謝(料金)
    2. 教室受講の初期費用と月謝(料金)
  10. 受講形態はオンライン受講と教室受講
    1. オンライン受講の特徴とメリットとデメリット
    2. 教室受講の特徴とメリットとデメリット
  11. まとめ

小学校高学年からプログラミングを学ぶ必要性と将来期待される効果

プログラミングというと、難しそうだったり、特別な才能が必要だったりするイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。
プログラミングは、コンピュータに命令を与えて、自分の思い通りに動かすことができる技術です。
プログラミングを学ぶことで、子どもたちは以下のようなメリットを得ることができます。

  • 論理的思考力や創造力を養う
  • コミュニケーション能力や協調性を高める
  • 未来の社会で必要とされるスキルを身につける

では、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

論理的思考力や創造力を養う

プログラミングは、自分の考えたアイデアを具体的な手順に分解して、コンピュータに伝えることです。
そのため、プログラミングをすることで、子供たちは論理的に物事を分析したり、問題を解決したりする力が身につきます。
また、プログラミングは、自分のオリジナルの作品を作ることができる楽しい活動でもあります。
そのため、プログラミングをすることで、子どもたちは自分の想像力や創造力を発揮したり、表現力を向上させたりする力が身につきます。

コミュニケーション能力や協調性を高める

LITALICOワンダーでのプログラミングは、一人で行うものではありません。
プログラミングスクールでは、他の生徒や講師と一緒にプロジェクトを行ったり、作品を発表したりします。
そのため、プログラミングをすることで、子どもたちは他者と意見交換したり、フィードバックを受け取ったりするコミュニケーション能力や協調性が高まります。
また、プログラミングは、世界中の人々と共通の言語である英語で行われることが多いです。
そのため、プログラミングをすることで、子供たちは英語の読み書きや発音などの基礎的なスキルも身につけます。

未来の社会で必要とされるスキルを身につける

プログラミングスキルは、現代社会だけでなく、未来の社会でも必要とされるスキルです。
コンピュータやインターネットは、私たちの生活や仕事に欠かせないものになっています。
しかし、それらの技術は日々進化しており、新しいサービスやアプリケーションが次々と登場しています。
そのような環境では、ただ使うだけではなく、自分で作ることができる人が求められます。
プログラミングを学ぶことで、子どもたちは未来の社会で活躍できるようなスキルを身につけることができます。

LITALICOワンダーの特徴

LITALICOワンダーには、いくつもの特徴がありますが、その中から3つの特徴を紹介します。

オーダーメイドのカリキュラムを提供

お子さまにプログラミングを学ばせたいと思っている親御さんは、どのプログラミングコースを選ぶべきか悩むことが多いと思います。
LITALICOワンダーでは、お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを提供しています。
ゲームプログラミングだけでなく、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースも豊富にあります。様々な技術に触れることで、自分に合ったものに出会える可能性が高まります。

知識を増やすだけではなく将来活きる力を育てる

LITALICOワンダーでは、知識を増やすだけではなく、将来活きる力を育てることを目指しています。
テクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考えを形にすることを大切にしています。
自分に合った学び方や、得意なことから自らを伸ばす経験をすることで、自尊心を育て、創造力や試行錯誤する力を育むことができます。

発達障害・ADHD・学習障害のお子さまでも大丈夫

LITALICOワンダーの運営元・株式会社LITALICOは、発達障害・ADHD・学習障害のお子さまへの学習支援・教育支援を行う「LITALICOジュニア」を運営しています。学習やコミュニケーションに不安のあるお子さまでも、安心して通えます。LITALICOワンダーでは、お子さま一人ひとりに合わせたサポート体制を整えています。

LITALICOワンダーの各プログラミングコースの違い

LITALICOワンダーの、ゲーム&アプリプログラミングコースとゲーム&アプリエキスパートコースの違いについて解説します。

項目 ゲーム&アプリプログラミングコース ゲーム&アプリエキスパートコース
対象年齢 年長〜高校生 小学3年生〜高校生
使用ツール Scratch, Viscuit, オリジナル教材 Unity(C#), HTML/CSS, JavaScript
学習内容 ゲームやアプリの基本的な作り方や考え方 3Dゲーム・VRゲームの製作やWeb制作

LITALICOワンダーのゲーム&アプリプログラミングコースとゲーム&アプリエキスパートコースの違いは、大きく以下の2つです。

どちらのコースも、お子様の興味や目標に合わせて選ぶとよいでしょう。

①プログラミングツールや言語の違い

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、ScratchとViscuitというビジュアルプログラミングツールを使用します。
一方、ゲーム&アプリエキスパートコースでは、Unity(C#)とHTML/CSS/JavaScriptというテキストプログラミング言語を使用します。

ビジュアルプログラミングツールは、ブロックを組み合わせるだけでプログラミングを行うことができるため、初心者でも簡単にゲームやアプリを作ることができます。
一方、テキストプログラミング言語は、コードを打ち込んでプログラミングを行うため、より高度な表現や機能の実現が可能です。

②学習内容の違い

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、ゲームやアプリの基本的な仕組みや、キャラクターや背景の作成方法などを学びます。
一方、ゲーム&アプリエキスパートコースでは、Unity(C#)とHTML/CSS/JavaScriptの基礎から応用までを学び、より実践的なゲームやアプリ制作を学びます。

ゲーム&アプリプログラミングコースは、プログラミングの基礎を学びたい年長以上のお子様におすすめです。
一方、ゲーム&アプリエキスパートコースは、プログラミングの応用を学びたい小学校3年生以上のお子様におすすめです。

スポンサーリンク

ゲーム&アプリプログラミングコースの特徴

プログラミングスクール 子供たちと男性講師

ゲーム&アプリプログラミングコースの特徴は、以下の3点にまとめられます。

  1. ゲームやアプリを自分で作ることで、プログラミングの基礎を身につけることができる
  2. 視覚的に理解しやすい教材を使って、プログラミングを学ぶことができる
  3. 一人ひとりの興味や関心に合わせて、オリジナルのゲームやアプリを作ることができる

ゲームやアプリを自分で作ることで、プログラミングの基礎を身につけることができる

ゲームやアプリは、お子様の興味や関心を引きつけやすいものです。
自分で作ったゲームやアプリが動くとき、子どもは大きな達成感を得ることができます。
また、ゲームやアプリは、プログラミングの基礎となる考え方を学ぶのに最適です。例えば、条件分岐やループ、変数などの考え方を、ゲームやアプリの制作を通して学ぶことができます。

視覚的に理解しやすい教材を使って、プログラミングを学ぶことができる

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使用します。
Scratchは、ブロックを組み合わせてプログラミングを行うことができるため、プログラミングの知識がなくても簡単に始めることができます。また、Scratchは、プログラミングの基礎となる考え方を学ぶのに最適です。

一人ひとりの興味や関心に合わせて、オリジナルのゲームやアプリを作ることができる

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、一人ひとりの興味や関心に合わせて、オリジナルのゲームやアプリを作ることができます。
例えば、好きなキャラクターや好きなアニメのゲームを作ったり、自分の考えたゲームを作ったりすることができます。
このように、自分の興味や関心を活かしてプログラミングを学ぶことで、お子様はプログラミングにさらに興味を持つことができます。

ゲーム&アプリエキスパートコースの特徴

ゲーム&アプリエキスパートコースは、プログラミングの基礎を学んだ後に、より実践的なプログラミングスキルを身につけ、自分のアイデアを形にする力を育むためのコースです。

このの特徴は、以下の3点にまとめられます。

  1. テキスト型プログラミング言語を学ぶ
  2. エキスパートコース専任のスタッフが指導
  3. VRやスマートフォン向けアプリ、Web制作など、幅広いジャンルの作品制作に取り組む

テキスト型プログラミング言語を学ぶ

ゲーム&アプリエキスパートコースでは、ビジュアルプログラミングツールではなく、テキスト型プログラミング言語で、キーボードでプログラミングコードを入力して、ゲームやアプリを開発します。
テキスト型プログラミング言語は、ビジュアルプログラミングツールよりも応用範囲が広く、より複雑な機能を実現できます。

ビジュアルプログラミングツールは、ブロックを組み合わせてプログラミングを行うため、プログラミングの基本的な概念を学ぶのに適しています。しかし、応用範囲が狭く、複雑な機能を実現するには限界があります。

一方、テキスト型プログラミング言語は、文字列を組み合わせてプログラミングを行うため、より複雑な機能を実現できます。また、自分のアイデアを自由に表現することもできます。
ゲーム&アプリエキスパートコースでは、UnityとHTML/CSS/JavaScriptという3つのテキスト型プログラミング言語を学びます。

Unityは、ゲーム開発に広く使われているツールです。2D/3Dゲームの開発はもちろん、VRやARなどの最新技術にも対応しています。
HTML/CSS/JavaScriptは、WebサイトやWebアプリケーションの開発に必要なプログラミング言語です。

エキスパートコース専任のスタッフが指導

エキスパートコース専任のスタッフ「メンター」が、一人ひとりの理解度に合わせて指導します。また、プロクリエイターによるフィードバックを受けることもできます。

メンターは、プログラミングの知識と経験が豊富なプロのエンジニアです。わからないことや疑問点があれば、気軽に質問することができます。

プロクリエイターによるフィードバックでは、作品のデザインや機能性などについて、客観的な意見をもらうことができます。

VRやスマートフォン向けアプリ、Web制作など、幅広いジャンルの作品制作に取り組む

VR(Virtual Reality)のゴーグルを着けた男の子

VR(Virtual Reality)という上の写真のようなゴーグルを付けて360°の映像を映し出す技術やスマートフォン向けアプリ、Web制作など、さまざまなジャンルの作品制作に取り組みます。自分の興味や関心に合わせて、好きなジャンルの作品制作に挑戦できます。

ゲームやアプリを開発するだけでなく、WebサイトやWebアプリケーションの開発にも挑戦できるため、より幅広いプログラミングスキルを身につけることができます。

このように、ゲーム&アプリエキスパートコースは、プログラミングの基礎を学んだ後に、より実践的なプログラミングスキルを身につけ、自分のアイデアを形にする力を育むためのコースです。

スポンサーリンク

ゲーム&アプリプログラミングコースが向いているお子様

プログラミングスクール 男の子と講師

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、ScratchやViscuitといったツールを使って、オリジナルのゲームやアプリを作ります。このコースは、以下のような特徴を持つお子様におすすめです。

  • ゲームで遊ぶのが大好き
  • パソコンやタブレットで遊ぶのが好き
  • 自分でゲームやアプリを作ってみたい
  • 自分で描いたキャラクターを動かしたい

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

ゲームで遊ぶのが大好き

ゲームで遊ぶのが大好きなお子様は、ゲーム&アプリプログラミングコースで楽しく学べます。ゲームの仕組みやルールを理解して、自分で工夫して改良したり、新しい要素を追加したりすることができます。
また、自分が作ったゲームを他のお子様と共有して、フィードバックをもらったり、感想を聞いたりすることもできます。ゲームを通して、プログラミングの基礎や論理的思考力を身につけることができます。

パソコンやタブレットで遊ぶのが好き

パソコンやタブレットで遊ぶのが好きなお子様は、ゲーム&アプリプログラミングコースでさまざまなデバイスに対応した作品を作ることができます。
Scratchでは、マウスやキーボードだけでなく、カメラやマイクなどのセンサーも使って、インタラクティブな作品を作ることができます。
Pythonでは、スマートフォンやタブレットにインストールして使えるアプリを作ることができます。パソコンやタブレットの機能を活用して、自分だけのオリジナル作品を作ることができます。

自分でゲームやアプリを作ってみたい

自分でゲームやアプリを作ってみたいというお子様は、ゲーム&アプリプログラミングコースで自分のアイデアを形にすることができます。
自分が好きなテーマやジャンルのゲームやアプリを考えて、それに合った画面や操作方法を設計します。そして、プログラミング言語を使って、自分の考えたものを実現します。
自分で考えて作ることで、創造力や表現力を高めることができます。

自分で描いたキャラクターを動かしたい

自分で描いたキャラクターを動かしたいというお子様は、ゲーム&アプリプログラミングコースで自分のオリジナルキャラクターを活躍させることができます。
Scratchでは、自分で描いた絵や写真をスプライトとして使うことができます。
Pythonでは、自分で描いた画像をファイルとして読み込んで、アプリに表示することができます。自分で描いたキャラクターにプログラミングで動きや音声をつけて、自分だけの世界を作ることができます。

ゲーム&アプリエキスパートコースが向いているお子様

ゲーム&アプリエキスパートコースでは、3DゲームやVRゲーム、自分のホームページなどを作ります。このコースは、以下のような特徴を持つお子様におすすめです。

  • 3DゲームやVRゲームをつくりたい
  • 自分のホームページをつくりたい
  • Scratchやロボットプログラミングが好き
  • テキストコーディングに挑戦してみたい

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

3DゲームやVRゲームをつくりたい

ゲーム&アプリエキスパートコースでは、Unityというゲーム開発ツールを使って、3DゲームやVRゲームを作ります。Unityは、世界中のプロのゲーム開発者も使っている人気のツールです。
3Dグラフィックスや物理演算などの機能が豊富で、VRゲームなど自由度の高いゲーム作りができます。VRゴーグルを装着すると、自分がゲームの中にいるような感覚になります。

自分のホームページをつくりたい

ゲーム&アプリエキスパートコースでは、HTMLやCSSという言語を使って、自分のホームページを作ります。
HTMLとは、ウェブページの構造や内容を記述する言語です。CSSとは、ウェブページの見た目やレイアウトを設定する言語です。
HTMLやCSSを使えば、自分の好きなデザインやテーマでホームページを作ることができます。
自分のホームページには、自己紹介や趣味、作品集などを掲載することができます。

Scratchやロボットプログラミングが好き

Scratchやロボットプログラミングは、ブロックコーディングという方法でプログラムを書きます。
ブロックコーディングは、色や形で区別されたブロックを組み合わせてプログラムを作る方法です。
ブロックコーディングは、初心者でも簡単にプログラムが書けるというメリットがありますが、一方で表現できることに限界があります。

テキストコーディングは、ブロックコーディングよりも難しいかもしれませんが、その分表現力が高くなります。

テキストコーディングに挑戦してみたい

テキストコーディングは、プログラミングの基礎を学ぶのに最適な方法です。
テキストコーディングを学ぶことで、プログラミングの仕組みや考え方を理解できます。
また、テキストコーディングをマスターすれば、さまざまなプログラミング言語やツールを使えるようになります。

テキストコーディングに挑戦してみたいお子様は、ゲーム&アプリエキスパートコースで、C#やJavaScriptという言語を学びます。C#やJavaScriptは、世界中で広く使われている人気の言語です。

ゲーム&アプリエキスパートコースで、テキストコーディングの基礎から応用まで学べます。

無料体験レッスンでお子様の好みや相性の良いコースを確認

プログラミングスクール 子供たちと女性講師

LITALICOワンダーには、お子様に合わせた4つのコースがあります。それぞれのコースでは、お子様の興味やレベルに応じて、楽しく学べるカリキュラムが組まれています。
しかし、どのコースがお子様に最適なのか、親御さんだけで判断するのは難しいかもしれません。

そこで、無料体験レッスンを利用して、お子様の好みや相性の良いコースを確認することをおすすめします。

無料体験レッスンでは、LITALICOワンダーの教室に実際に足を運んでいただき、お子様がプログラミングに触れる機会を提供します。体験レッスンでは、以下のようなことができます。

  • お子様の興味やレベルに合わせたコースがわかます
  • お子様が実際にプログラミングを体験できます
  • お子様の興味の程度や相性がわかります
  • LITALICOワンダーの講師と相談できます

これらのことを通して、お子様がどのコースに興味を持っているか、どのコースがお子様のレベルに合っているか、親御さん自身が確認できます。また、お子様もプログラミングに対するイメージやモチベーションを高めることができます。

無料体験レッスンは、オンラインでも受けることができます。
オンラインでは、LITALICOワンダーの専用アプリを使って、自宅からプログラミングを体験できます。
オンラインでも、講師と一対一でやり取りしながら、お子様の好みのコースを見つけることができます。

LITALICOワンダーでは、無料体験レッスンを随時受け付けています。お申し込みは、以下のリンクから簡単にできます。

公式サイトから無料体験レッスンのお申し込みはこちら >>

お子様にプログラミングを学ばせたいと思っている親御さんは、ぜひこの機会に無料体験レッスンを受けてみてください。
お子様の好みのコースを確認することで、プログラミング学習への第一歩を踏み出すことができます。

初期費用と月謝(料金)

LITALICOワンダーでは、プログラミング系のコースとして、ゲーム&アプリプログラミングコースゲーム&アプリエキスパートコースの2つのコースを提供しています。どちらのコースも、教室受講とオンライン受講の選択が可能です。
それぞれのコースの初期費用と月謝(料金)を解説します。

尚、コースによっては、別途購入が必要な教材があります。詳しくは、無料体験レッスン時にお問い合わせください。

オンライン受講の初期費用と月謝(料金)

項目 ゲーム&アプリプログラミングコース ゲーム&アプリエキスパートコース
入塾金(初期費用) 16,500円(税込) 16,500円(税込)
受講料(オンライン受講) 5,500円(1回, 60分, 税込) 6,875円(1回, 60分, 税込)
受講回数 月4回〜 月4回〜
月謝 22,000円(税込)~ 27,500円(税込)~

教室受講の初期費用と月謝(料金)

項目 ゲーム&アプリプログラミングコース ゲーム&アプリエキスパートコース
入塾金(初期費用) 16,500円(税込) 16,500円(税込)
受講料(教室受講) 7,425円(1回, 90分, 税込) 8,525円(1回, 90分, 税込)
受講回数 月4回〜 月4回〜
月謝 29,700円(税込)~ 34,100円(税込)~

受講形態はオンライン受講と教室受講

LITALICOワンダーでは、子供たちにプログラミングを楽しく学んでもらうために、オンライン受講教室受講の2つの受講形態を用意しています。
どちらも同じカリキュラムで、同じように先生とコミュニケーションを取りながら学べますが、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

オンライン受講と教室受講の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

オンライン受講の特徴とメリットとデメリット

オンライン受講とは、自宅や好きな場所でパソコンやタブレットを使って、インターネット経由で先生と繋がりながらプログラミングを学ぶ方法です。
LITALICOワンダーでは、Zoomというビデオ通話アプリを使って、画面共有やチャット機能を活用しながらレッスンを行います。

オンライン受講の最大のメリットは、移動時間や交通費がかからないことです。自宅や近所の図書館など、自分が快適に学べる場所でレッスンを受けることができます。また、自分のペースで学習できることも魅力です。先生は一人一人のレベルや進度に合わせて指導してくれるので、わからないところはしっかり質問したり、理解したらすぐに次のステップに進んだりできます。

オンライン受講のデメリットは、周囲の環境や機器に依存することです。インターネット回線が安定していなかったり、パソコンやタブレットが故障したりすると、レッスンを受けることができません。また、自宅で受講する場合は、家族やペットなどの騒音や邪魔が気になることもあります。オンライン受講をする場合は、事前に周囲の環境や機器の準備をしっかりと行う必要があります。

教室受講の特徴とメリットとデメリット

教室受講とは、LITALICOワンダーの教室に通って、先生や他の生徒と一緒にプログラミングを学ぶ方法です。
LITALICOワンダーでは、全国に教室を展開しており、最寄りの教室を選んで通うことができます。

教室受講の最大のメリットは、先生や他の生徒と直接コミュニケーションが取れることです。オンライン受講と比べて、よりリアルなやりとりができます。先生からは即座にフィードバックやアドバイスをもらえるだけでなく、他の生徒からも刺激や励ましを受けることができます。また、教室にはプログラミングに必要な機器や教材が揃っているので、自分で準備する必要がありません。

教室受講のデメリットは、移動時間や交通費がかかることです。教室までの距離や交通手段によっては、レッスン時間よりも移動時間の方が長くなることもあります。また、教室では他の生徒と同じカリキュラムを進めることになるので、自分のペースで学習することが難しい場合もあります。

まとめ

プログラミングスキルは、お子様の将来にとって、必ず役立つスキルです。

世の中には、たくさんのプログラミングスクールがありますが、この記事では、LITALICOワンダーというスクールを紹介しました。

LITALICOワンダーは、プログラミングに特化したスクールではなく、プログラミング以外に、ロボット関係や3D関係のコースもあります。

LITALICOワンダーの特徴は、

  • オーダーメイドのカリキュラムを提供
  • 知識を増やすだけではなく将来活きる力を育てる
  • 発達障害・ADHD・学習障害のお子さまでも大丈夫

などがあります。

初期費用としては入塾金16,500円(税込)が必要になり、
月謝はコースにより異なり、更に教室受講かオンライン受講かによって異なります。詳細は本記事をご覧ください。

親御さんはお子様に「プログラミングを学ばせたい」と思っても、お子様はロボット関係に興味を持ったり、教室受講よりもオンライン受講の方が相性が良かったりするかもしれません。

まずは、下記リンクから無料体験レッスンを申し込んで、お子様の好みや相性の良いコースを確認してみましょう。

   \無料体験授業受付中/

コメント