【キャンペーン中】LINEモバイルの新料金プランまとめ

LINEモバイルの新料金プランは安い?高い?日常生活
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、LINEモバイルの2020年2月19日からの新料金プランを旧料金プランと比較して、どちらが安いかを解説します。

 

結論は、

  • LINE MUSICを利用するなら、新料金の方が安い
  • LINEトークLINE通話は使うがTwitter、Facebook、Instagramをほとんど使わないなら、新料金の方が安い
  • Instagramのヘビーユーザーなら、旧料金の方が安い

です。

 

では、新料金の特徴や、新料金プランと旧料金プランの比較と最新キャンペーンの内容などを解説しますね。

尚、本記事内の料金は、全て税抜価格です。

スポンサーリンク

LINEモバイルの新料金

LINEモバイルの旧料金には、以下の3つの料金プランがありました。★

  1. LINEフリー(LINEのみデータフリー)
  2. コミュニケーションフリー(LINE, Twitter, Facebook, Instagramがデータフリー)
  3. MUSIC+(コミュニケーションフリーに加え、LINE MUSICがデータフリー)

 

これに対し、LINEモバイルの新料金では、以下の3つのプランに変更になりました。

  1. ベーシックプラン(LINEのみデータフリー)
  2. SNSデータフリー(LINE, Twitter, Facebookがデータフリー)
  3. SNS音楽データフリー(SNSデータフリーに加え、InstagramとLINE MUSICがデータフリー)

 

Instagramをデータフリーにしたい場合は、一番料金が高いSNS音楽データフリーで契約する必要があります。

 

LINEモバイルの新料金を表にすると以下のとおりとなります。

LINEモバイルのベーシックプランの料金

データ容量音声通話SIMデータSIM(SMS付き)
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円

上表の金額は、税抜月額です。

ベーシックプランでは、LINE(LINEトークとLINE通話)がデータフリーです。

 

LINEモバイルのSNSデータフリーの料金

LINEモバイルSNSデータフリーの料金は、ベーシックプランの料金に対し+280です。

SNSデータフリーでは、LINE, Twitter, Facebookがデータフリーです。

ブロガーやYouTuberで、SNSで情報発信して集客を狙うかたには、このSNSデータフリーをおすすめします。

 

LINEモバイルのSNS音楽データフリーの料金

LINEモバイルSNS音楽データフリーの料金は、ベーシックプランの料金に対し+480です。

SNS音楽データフリーでは、LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSICがデータフリーです。

 

SNS音楽データフリーでは、LINE MUSICがデータフリーですが、LINE MUSICの有料ユーザーのサービスは含まれていません。

 

有料ユーサーのサービスを利用したい場合は、別途LINE MUSICの契約が必要です。

LINE MUSICの月額利用料は通常980円(税込)ですが、LINEモバイル契約者は825円(税込)になり、155円お得です。

LINEモバイルの新料金の特徴

LINEモバイルの新料金には以下の特徴があります。

音声通話SIM3GBが安い1,480円

音声通話SIM3GBの月額基本料金が1,480円というのは、非常に安いです。

マイネオの1,510円やBIGLOBEモバイルの1,690円よりも、LINEモバイルの方が安いです。

イオンモバイルには3GBのプランが無く、2GBが1,380円、4GBが1,580円なので、3GBに換算するとイオンモバイルとLINEモバイルは同額になります。

 

但し、LINEモバイルのベーシックプランの場合は、LINEがデータフリーなので、イオンモバイルよりもお得です。

 

最小データ通信量が1GBから500MBに縮小された

旧料金プランの最小データ通信量は1GBでデータSIM(SMSなし)が500円でした。

しかし、新料金プランでは1GBがなくなり、500MBに縮小されました

これに伴い、料金は500円よりも安くなるかと思いきや、新料金プランのデータSIMには、「SMSなし」がなくなり、「SMS付き」のみになったため、500MBにも関わらず、600になりました

 

最大データ通信量が10GBから12GBに拡大された

旧料金プランの最大データ通信量は10GBでしたが、新料金プランでは12GBに拡大されました。

10GBだと不足気味のかたにとっては、12GBへの拡大はありがたいことだと思います。

しかし、7GBや10GBで十分なかたにとっては、7GBや10GBの選択肢がなくなり、12GBでの契約は割高になってしまいます。

個人的には、7GBと10GBを失くすのであれば、9GBの選択肢を設けた方が良かったのではないかと思います

LINEモバイルの料金以外で変わった点

最低利用期間が無くなった

旧料金プランでは、最低利用期間が12か月だったため、12か月以内に解約すると、解約事務手数料が1,000円必要でした。

しかし、新料金プランでは、最低利用期間がなくなり、いつ解約しても解約事務手数料が1,000円必要になります。

「最低利用期間が無くなった」と言うと、聞こえがいいですが、消費者目線だと「改悪」に思えます。

私の、誤解釈かもしれませんが…

 

初月の月額基本利用料金が日割りになった

旧料金プランのLINEフリーの場合は、課金開始日が1日でも末日でも1か月分の料金が請求されました。

また、旧料金プランのコミュニケーションフリーとMUSIC+の場合は、課金開始日が1日でも末日でも600が請求されました。

これに対し、新料金プランでは、初月の月額基本料金が日割り計算になりました。

これにより、他社からのLINEモバイルに乗り換える場合、他社の解約月の料金が1か月分請求される場合は、LINEモバイルの課金開始日を月末近辺にすることで、他社とLINEモバイルの料金の二重払い期間を短くして、出費を抑えることができます。

LINEモバイルの開催中キャンペーン

月額基本利用料3か月500円キャンペーン

月額基本利用料3か月500円キャンペーンは、2020年8月26日から始まったキャンペーンで、以下の2つの特典があります。

  1. 特典1:2~4か月目の3か月間、980円(税抜)値引き
  2. 特典2:最大5,000円相当還元

 

 

尚、キャンペーンコードは、

  • LINE Pay残高を希望する場合が、2009PB05
  • LINEポイントを希望する場合が、2009LP05

です。

LINEモバイルのおすすめお得プラン

①ベーシックプラン 音声通話SIM 3GB

私のイチオシは「ベーシックプラン 音声通話SIM 3GB 1,480円」です。

「ベーシックプラン 音声通話SIM 500MB 1,100円」の方が安いですが、私のように外出先で動画を観なくても500MBでは足りないので、最低でも3GBのプランをおすすめします。

 

②SNS音楽データフリー 音声通話SIM 3GB

SMS音楽データフリー 音声通話SIM 3GB」は、1,960です。

私は、「旧コミュニケーションフリー 音声通話SIM 3GB 1,690円」を契約しており、旧MUSIC+の3か月無料体験中です。

旧MUSIC+では、LINE MUSICを聴き放題でギガが減らないので、毎日1時間以上聴いています。

旧MUSIC+ 音声通話SIM 3GB」は、2,390なので、新料金プランでは、430円も安くなっていてとてもお得なのでおすすめです。

 

LINEモバイルの新旧料金比較

音声通話SIMのの新旧料金比較

LINEモバイル 音声通話SIM料金

 

①新ベーシックプランの料金は、旧コミュニケーションプランと比べて安い

旧コミュニケーションプランでは、LINE, Twitter, Facebookがデータフリーでしたが、新ベーシックプランでは、LINEのみがデータフリーなので、TwitterやFacebookのヘビーユーザーは新SNSデータフリーを契約する必要があり、割高になります。

②新音楽データフリー3GBの料金は、旧MUSIC+3GBと比べて、430円も安い

MUSIC+3GBを契約しているかたは、新音楽データフリー3GBにプラン変更することで節約できます。

③旧LINEフリープランは新ベーシックプランへ移行

旧LINEフリー(1GBのみ)は、新ベーシックプランに変わり、「1GBのみ」から、500MB, 3GB, 6GB, 12GBの選択ができるようになりました。

④新プランの最低通信量は500MB

旧プラン(旧LINEフリー除く)の最低通信量は3GBでしたが、新プランの最低通信量は500MBになりました。

これにより、外出先でデータフリーサービスのみのハードユーザーにとっては、3GBで契約せず500MBで契約することにより、出費を抑えることができます。

⑤新プランの最大通信量は12GB

旧プランの最大通信量は10GBでしたが、新プランの最大通信量は12GBになりました。

これにより、データフリーサービス以外のエンタメ系サービス(例えば、YouTube、Amazon Prime Musicなど)を利用していて10GBでは不足気味のかたにとっては、ギガの残量に2GBの余裕がでます。

 

データSIM(SMSあり)の新旧料金比較

LINEモバイル データSIM料金

新旧料金を比較した特徴は、前項「音声通話SIMのの新旧料金比較」で述べた内容と同じです。

まとめ

音声通話SIM 3GBの料金の場合、旧コミュニケーションフリーが1,690円でしたが、新ベーシックプランでは210円安く1,480になりました。

旧コミュニケーションフリーでは、LINE, Twitter, Facebook, Instagramがデータフリーでしたが、新ベーシックプランでは、LINEのみがデータフリーです。

 

TwitterFacebookデータフリーにしたい場合は、SMSデータフリーで契約する必要があり、新ベーシックプランの料金に対して280円高くなり、3GBの場合は1,760円になります。

 

更に、Instagramデータフリーにしたい場合は、SNS音楽データフリーで契約する必要があり、新ベーシックプランの料金に対して480円高くなり、3GBの場合は1,960円になります。

但し、SNS音楽データフリーでは、LINE MUSICもデータフリーになるため、旧MUSIC+の3GBの料金(2,390円)と比べると430円安くなっています

 

LINEトークとLINE通話がデータフリーであれば十分なかたにとっては、新ベーシックプランがとてもお得です。

私は現在、旧コミュニケーションフリー3GBを契約しているので、「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」の適用が終わり次第、新ベーシックプランに変更しようと思っています。

 

Twitter, Facebook, Instagramのヘビーユーザー、または、LINE MUSICを聴きたいかたには、SNS音楽データフリーをおすすめします。

 

LINEモバイルの公式キャンペーンは→こちら

 

申し込み手順については、以下の記事に画像付きで解説しています。

【関連記事】一番安いソフトバンク回線の格安SIMはLINEモバイル

 

私は現在、LINE MUSICオプションの3か月無料体験中で、外出先ではおすすめプレイリストで音楽を流しっぱなしにして聴いています。

LINE MUSICは、YouTube Musicと比べて、ジャンルやプレイリストの選択肢が多くあり、LINE MUSICの方が私に合っていると感じました。

 

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました