LINEモバイルでSIMを追加契約する手順

LINEモバイルでSIMを追加契約したいあなたへ日常生活
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、オイケです。

 

この記事では、LINEモバイルでSIMを追加契約する手順を解説します。

LINEモバイルには、シェアSIMプランがありません。

よって、複数のSIMを持ちたい場合は、個別に契約する必要があります。

しかし、個別に新規契約すると、3,300円(税込)の事務手数料が発生します。

ところが、2つ目以降のSIMを追加契約することで、事務手数料を安くすることができます。

具体的には、2つ目以降のSIMが、

  • 音声通話SIMの事務手数料は0円
  • データSIM(SMS付き)の事務手数料は550円(税込)
  • データSIMの事務手数料は1,100円(税込)

になります。

今回、データSIMを追加契約したので、その手順を解説しますね。

 

LINEモバイルの公式キャンペーンは→こちら

 

スポンサーリンク

LINEモバイルでの追加契約手順

LINEモバイル ログイン

まずは、LINEモバイルのマイページのログインページで、現在契約中のIDでログインします。

ログインすると上図右側の画面になるので、下にスクロールします。

 

LINEモバイル 追加申込

追加申込を👆タップし、申し込むを👆タップします。

 

LINEモバイル 申し込み前の確認

画面をスクロールし、申し込み前の確認事項を確認したうえで、上記事項に同意の上、申し込むを👆タップします。

 

LINEモバイル ドコモ回線

 

上図のとおり、ドコモ回線を👆タップし、LINEフリー1GB選択するを👆タップします。

 

選択可能な回線の種類は、上図のとおり、
・ソフトバンク回線
・ドコモ回線
・au回線
があります。
LINEモバイルの場合、どの回線を選択しても料金は同じなので、
・SIMロック端末を使用する場合は、利用可能回線を選択
・SIMフリー端末を使用する場合は、好みの回線を選択
すれば、O.K.です。

 

料金プランには、以下の3種類があります。
①LINEフリー(1GBのみ)
②コミュニケーションフリー(3GB,5GB,7GB,10GB)
③MUSIC+(3GB,5GB,7GB,10GB)
各料金プランの詳細については、LINEモバイル公式ページに記載されています。
 
2020年2月19日に料金プラン(税抜)が以下の内容に変わりました。
1. データSIM(SMSあり)
 1-1. 500MB 600円
 1-2. 3GB 980円
 1-3. 6GB 1,700円
 1-4. 12GB 2,700円
2. 音声SIM
 2-1. 500MB 1,100円
 2-2. 3GB 1,480円
 2-3. 6GB 2,200円
 2-4. 12GB 3,200円
※上記1. 2.共に、LINEトークとLINE通話は、データフリー(旧カウントフリー)です。
※データSIM(SMSなし)のプランがなくなりました。
 
 
LINEモバイル 1GB データSIM
上図のとおり、
✔1GB
✔データSIM
✔SIMカードのみ
を👆タップします。
 
今回、追加契約するSIMの使用条件は、
・SIMフリーのAndroid端末あり
・ほとんど屋外に持ち出すことがない
・LINEアプリのトークと通話必須
・SMSと通話不要
なので、「LINEフリープラン(1GB)のデータSIMのみ」の契約にしました。
つまり、一番安いプランです。
 
 
LINEモバイル Android ナノSIM

上図のとおり、
✔Android・その他
✔ナノSIM(小)
を👆タップします。

 

LINEモバイル オプション無し

上図のとおり、ピンク枠で囲んだ箇所に税抜料金が表示されるので、自分で見積もった料金と一致していることを確認します。

持込端末補償、Wifi、ウィルスバスターなどのオプション加入を勧められるので、必要に応じてチェック(✔)を入れます。

私の場合は、次へ進むを👆タップし、申し込まないを繰り返し👆タップしました。

 

LINEモバイル オプション 申し込まない

申し込まない次へ進むの順に👆タップすると、上図右画面になります。

既存契約の契約者名と追加契約の契約者名が異なる場合は、契約者名を入力する必要がありますが、私の場合は、同じ契約者名で契約するので、契約者名欄を空欄のまま、スクロールしました。

 

【既存契約者名と追加契約者名を同じにするメリット】
本人確認の審査が省略されるので、本人確認書類をアップロードする手間もなく、審査時間もなく、申し込み手続きがすぐに終わります。

 

LINEモバイル 規約について

以下の項目の説明文をよく読んだうえで、全項目を👆タップし、次へ進む(メール送信)を👆タップすると、上図右側の画面になり、支払い方法登録用メールが送信されます。

  • 利用規約に同意する
  • プライバシーポリシーに同意する
  • 重要事項説明に同意する
  • データフリー説明に同意する

 

LINEモバイル 支払い方法登録

すぐに上図メールが届くので、URLを👆タップすると、右側の画面になります。

私は、LINE Payカードを持っておらず、既存契約での支払い方法に合わせてLINE Payを👆タップし、次へ進むを👆タップしました。

 

LINE Payへ進む

LINE Payへ進むをタップします。

私の場合は、既に登録済みのクレジットカードを👆タップし、登録を👆タップしました。

 

既存契約の支払いクレジットカードと追加契約の支払いクレジットカードを別々にしたい場合は、カード登録をタップし、クレジットカードを追加することで分けることができます。

 

 

LINEモバイル 支払い方法

✔この加盟店での…を👆タップし、登録を👆タップします。

追加契約用のログインIDパスワードを決めて入力後、登録して最終確認へ進むを👆タップします。

 

LINEモバイル 申し込み

申し込み内容を確認後、申し込むを👆タップします。

 

LINEモバイル 申し込み完了

すぐに、上図右側のメールが届きます。

 

LINEモバイル 契約成立のお知らせ

翌日、契約が成立し、翌々日にSIMが発送されました。

 

LINEモバイル SIM到着

上図のとおり、ドコモ回線用SIM、マニュアル、納品書が届きました。

SIMをAndroidスマホに差し込み、APN設定し、問題無く開通しました。

追加契約申し込みのおすすめタイミング

従来は、初月料金が日割り計算されず1か月分が満額請求されていたので、追加契約を申し込む場合は、月初めにSIMが届くよう、前月末に追加契約を申し込むのがおすすすめのタイミングでした。

しかし、2019年2月19日以降に申し込む場合は、初月料金が日割り計算されるので、特に申し込み日を気にする必要はありません。

 

LINEモバイルの公式キャンペーンは→こちら

 

初月の料金明細

LINEモバイル 初月料金

LINEフリー1GBデータSIMを追加契約した場合の、初月料金は、上図のとおり、2,090円(税込)でした。

新規契約ではなく、追加契約したので、事務手数料が2,000円(税抜)割り引かれています。

 

LINEフリー1GBデータSIMを使ってみた感想

今回、ドコモ回線のLINEフリー1GBデータSIMを契約しました。

基本的に屋内のwifi環境下で使用しており、たまに屋外に持ち出し、

  • LINEトーク
  • LINE通話
  • Google Map

などで使用しており、700MB~800MBのデータ使用料で済んでいるので、1GBの契約は程良い通信量です。

外出先では、動画を観ることはなく、主に上記3つの用途に使用しているので、通信速度に不満を感じることはありません。

料金について、2か月目からは、550円(税込)と安いので満足しています。

 

LINEモバイルの中で1番安いプランである、LINEフリー1GBデータSIM 月額550円(税込)のプランを申し込めるのは、2020年2月18日までです。
2020年2月19日からは、1番安いプランは、ベーシックプラン500MBデータSIM(SMS付き) 月額660円(税込)になります。

 

LINEモバイルの公式キャンペーンは→こちら

 

まとめ

LINEモバイルには、シェアSIMプランがありませんが、2つ目以降のSIMを契約したい場合は、新規契約をせず、追加契約を申し込むことで、3,300円(税込)の事務手数料を安くすることができます。

具体的には、2つ目以降のSIMが、

  • 音声通話SIMの事務手数料は0円
  • データSIM(SMS付き)の事務手数料は550円(税込)
  • データSIMの事務手数料は1,100円(税込)

になります。

2020年2月19日に料金プランが変更になりました。

新料金プランの詳細については、以下の記事にくわしく書いています。

 

【関連記事】【キャンペーン中】LINEモバイルの新料金プランまとめ

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました