消費税増税後の軽減税率対象商品の買い方

軽減税率対象を知っておきたいあなたへ日常生活
この記事は約9分で読めます。

この記事では、2019年10月1日からも消費税が10%にならず、軽減税率が適用され、消費税8%で購入できる商品の買い方について紹介します。

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税され、家計への負担が大きくなるのでなるべく出費を抑えたいですよね。

しかし、全ての商品の消費税が10%に増税されるのではなく、一部の商品については軽減税率が適用され消費税が8%に据え置かれます。

また、同じ商品でも買い方によって、消費税が10%または8%に分かれるので、8%で買える方法を知っておきたいですよね。

では、軽減税率8%で買える商品とその買い方について説明しますね。

スポンサーリンク

標準税率と軽減税率の違い

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税され、この10%が標準税率になりました。

10%の標準税率に対し、8%のままで据え置かれるのが軽減税率になります。

つまり、2019年10月1日から消費税は、

  1. 標準税率10%
  2. 軽減税率8%

の2種類になりました。

軽減税率対象商品

軽減税率(8%)対象商品は、以下の2つが該当します。

①飲食料品

食料品

飲食料品とは、酒類を除く人の飲用または食用に使われるものです。

また、条件を満たせば、おもちゃ付きのお菓子やマグカップとコーヒー豆のセット販売ような一体資産も該当します。

但し、外食やケータリング等は、軽減税率の対象ではありません

②新聞

軽減税率の対象になる新聞は、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約で買う場合です。

一体資産とは?

一体資産とは、食品食品以外のもの一緒になって価格表示されているものです。

例えば、

  • おもちゃ付きのお菓子
  • ティーカップと紅茶のセット
  • マグカップとコーヒー豆のセット

です。

「ぐい呑みと日本酒のセット」も一体資産ですが、日本酒が酒類に該当するので軽減税率の対象にはなりません。

また、酒類以外の飲食料品の一体資産であればどんなものでも軽減税率の対象になって、消費税が10%ではなく8%で済むのかというとそうではなく、以下の2つの条件を満足するものだけが軽減税率の対象になります。

  1. 税抜価格が1万円以下
  2. 価格の内訳として食品が占める割合が3分の2以上

例えば、

  • 15,000円のおもちゃ付きお菓子
  • マグカップとコーヒー豆のセット販売価格が10,000円で、その内訳がマグカップ4,000円とコーヒー豆6,000円

の場合は、軽減税率が適用できず、消費税が10%になります。

軽減税率の対象にならない外食とは?

テラスで食事

以下の2つの両方に該当するお店で飲食料品を買ってその場で飲食すると外食に該当し、消費税が10%になります。

  1. テーブル・椅子・カウンターその他飲食に用いられる設備があるか?
  2. 飲食料品を飲食させる役務の提供があるか?

どのような外食が軽減税率の対象にならないのかについて具体的に説明します。

例えば、レストランやショッピングモールのフードコートで飲食料品を買って食事をすると外食に該当し、消費税が10%になります。

尚、レストランやショッピングモールのフードコートでテイクアウトで買えば消費税が8%で済みます。

但し、テイクアウトで買ってフードコートで食べるのはダメで、フードコートから出て公園、車の中、自宅などで食べることになります。

外食企業の軽減税率対応方針は?

店内と持ち帰りの税込価格を統一する外食企業

以下の企業は、店内と持ち帰りの税込価格を統一することを決定しています。

  • マクドナルド
  • すき家
  • ケンタッキー・フライド・チキン
  • 松屋
  • サイゼリヤ

例えば、マクドナルドのビッグマックの場合、2019年10月1日からの税込価格は、店内で食べる場合も持ち帰る場合も共に390円です。

この場合、税抜価格が店内で食べる場合は355円で、持ち帰る場合が362円となり、全く同じ商品であっても税抜価格が異なります。

店内と持ち帰りの税込価格が異なる外食企業

店内で食べる場合と持ち帰りの場合の税込価格が異なるのが一般的なのではないかと思います。

代表的な外食企業としては、

  • モスバーガー
  • 吉野家
  • スターバックスコーヒー
  • ロイヤルホスト
  • ガスト

などがあります。

例えば、吉野家の牛丼並盛の場合、2019年10月1日からの税抜価格は352円なので、

  • 店内で食べる場合は、税込387円
  • 持ち帰りの場合は、税込380円

となります。

コンビニ店内で飲食する場合は?

例えば、イートインがあるコンビニで、

  • ジュース
  • パン
  • お菓子
  • おでん

を買って、おでんだけをイートインで食べる場合、それぞれの消費税が10%なのか、8%なのかについて、誰がどのようにして判断するのでしょうか?

客が申告する

私たち客がコンビニのレジ会計時に「おでんだけを店内で食べます」と店員さんに伝えれば、

  • おでんは消費税10%
  • ジュース、パン、お菓子は消費税8%

で会計してくれます。

コンビニは案内掲示する

コンビニでは、「イートインスペースで飲食される際は、レジ会計時にお申し出ください」といった文言を原則A4サイズで店内に最低1枚を掲示することが義務付けられます。

店内飲食を申告せず店内飲食した場合は?

私たち客が店内飲食を申告せず消費税8%で会計を済ませた後、店内で飲食した場合、大手コンビニの方針としては、とやかく言うつもりはないようです。

コンビニ側としては、10%、8%に限らず、客らから預かった消費税を漏れなく国に納めることが重要であって、客の不正に対して差額を徴収して国に納めるのは労力の無駄遣いだとの判断なのでしょうね。

但し、消費税8%で会計を済ませた後、店内で飲食すると「脱税」とみなされる可能性があるので、熱いうちに食べたくても店内で食べず店外で食べましょう。

スポンサーリンク

軽減税率の対象にならないケータリングとは?

寿司

ケータリングや出張料理を利用して自宅で食事をする場合は外食ではありませんが、役務を伴う飲食料品の提供となり、軽減税率の対象になません。

どのような場合がケータリングや出張料理に該当して消費税が10%になってしまうのかについて具体的に説明します。

例えば、自宅にお寿司屋さんが寿司の材料を持って来て、自宅でお寿司を握ってくれる場合は出張料理になるので軽減税率の対象になりません。

尚、お寿司屋さんがお店で握った寿司を自宅に配達してくれる場合は、宅配になるので軽減税率の対象になります。

Q&A

消費税を支払う一般消費者の視点で、こんな場合は軽減税率の対象の対象か?について、国税庁の消費税の軽減税率制度についての公式Q&Aページから引用し、補足説明を付け加えたり、一部表現を変えて以下のQ&A一覧にしてみました。

Q. テイクアウトの容器代(折詰代)は軽減税率の対象か?
A. 通常必要なものとして使用される包装材料等に該当するので軽減税率の対象です。
Q. スポーツ新聞も軽減税率の対象か?
A. スポーツ新聞やその他いろいろな分野の業界新聞であっても、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載し、週2回以上発行され、定期購読契約で買う場合は軽減税率の対象です。
尚、コンビニや駅の売店で買う新聞は、定期購読契約ではないので軽減税率の対象外です。
Q. 日本経済新聞の電子版は軽減税率の対象か?
A. 電子版は「電気通信利用役務の適用」に該当し、「新聞の譲渡」に該当しないため、軽減税率の対象外です。
Q. ケータリングや出張料理に該当しない飲食料品の提供はあるか?
A. 有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、学校給食の場合、規定された金額以下は軽減税率の対象になります。
尚、社員食堂や学生食堂は軽減税率の対象外です。
Q. 入院中の病院食は、軽減税率の対象か?
A. 病院食は非課税です。但し、患者の自己都合による特別メニューの料金については非課税にならず、更に、「役務の提供」とみなされるため軽減税率の対象外です。
Q. 食用の生きた魚は軽減税率の対象か?
A. 食用であれば軽減税率の対象ですが、観賞用として販売されている魚は軽減税率の対象外です。
Q. 水は軽減税率の対象か?
A. 飲用向けとして販売されている水は軽減税率の対象ですが、水道水は軽減税率の対象外です。
Q. 氷は軽減税率の対象か?
A. かき氷用の氷やロックアイスは人が飲食するものなので軽減税率の対象ですが、魚釣りのクーラーボックスで魚を冷やす氷は軽減税率の対象外です。
Q. 施設利用が有料のバーベキュー場内で買う肉や野菜は軽減税率の対象か?
A. 役務の提供に該当するため軽減税率の対象外です。
Q. ぶどう狩りで摘み取ったぶどうは軽減税率の対象か?
A. 持ち帰る分は軽減税率の対象ですが、ぶどう園内で食べる場合は軽減税率の対象外です。
Q. 回転寿司での食べ残しを持ち帰る場合は軽減税率の対象か?
A. 店内で食べることを前提に注文した食べ物なので軽減税率の対象外です。但し、テイクアウト用として注文した食べ物は軽減税率の対象です。
Q. 会社に宅配コーヒー屋さんがコーヒーをポットに入れて持って来て、会社の受付でポットからカップ一杯一杯にコーヒーを注いでくれた場合はケータリング扱いとなり軽減税率の対象外なのか?
A. 会社の受付でコーヒーカップに注ぐ作業は、「盛り付け」ではなく、容器への「取り分け」であり役務の提供とはみなされないので、軽減税率の対象です。
但し、宅配コーヒー屋さんにカップに入れたコーヒーを各座席に配膳させると役務の提供とみなされ軽減税率の対象外になります。
Q. みりんや甘酒は軽減税率の対象か?
A. 酒税法で定める酒類の表記が無くアルコール分が一度未満であれば軽減税率の対象です。
尚、ノンアルコールビールは軽減税率の対象です。
Q. 栄養ドリンクは軽減税率の対象か?
A. 医薬品、医薬部外品、再生医療等製品の表記がなければ、軽減税率の対象です。
Q. ファミリーレストランのレジ近くで販売しているお菓子やジュースは軽減税率の対象か?
A. 役務の提供には該当しないので、軽減税率の対象です。
但し、テーブルで注文するペットボトルジュースやボトル缶コーヒーは店内で飲むことが前提なので軽減税率の対象外です。
Q. 新幹線の移動ワゴンで買う弁当やお茶は軽減税率の対象か?
A. 軽減税率の対象です。
但し、食堂車での食事は軽減税率の対象外です。
Q. 映画館の売店でポップコーンとジュースを買って映画館の座席で飲食する場合、軽減税率対象外か?
A. 映画館の座席は飲食用の座席ではなく映画を見るための座席のため、軽減税率の対象です。
例えば、映画館の売店近くに飲食用の椅子やテーブルが置かれていて、そこで食べることを前提に注文した場合は、軽減税率の対象外になります。

まとめ

2019年10月1日からの消費税増税に伴い、消費税が、

  1. 標準税率10%
  2. 軽減税率8%

の2つに分かれました。

軽減税率の対象は、基本的に、

  • 酒類を除くテイクアウトの飲食料品
  • 新聞の定期購読

です。

モスバーガー、吉野家、スターバックスコーヒーなどの店内で飲食する場合は、標準税率10%になりました。

しかし、店内で飲食すると、

  • 料理が暖かい
  • アイスドリンクの氷が解けていない
  • エアコンが効いている
  • 食べた後のゴミを捨てることができる

など良いことがたくさんあるので、節約にこだわってテイクアウトするのもいいですが、2%の差額を払って店内で飲食するのもいいですね。

目的に応じて外食とテイクアウトを使い分けて、上手に節約しましょう。

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました